夫婦心理家族心理資格人気ランキング

夫婦心理家族心理資格人気ランキング

お互いに幸福な家庭を築く希望に燃えて結婚したはずなのに、今となっては伴侶に対して愛情があまり感じられなくなってしまった。そんな悩みを持つご夫婦は少なくありません。しかし一番身近な存在である人と良い関係を構築することは長い人生において最も優先すべきテーマといってよいでしょう。
近頃ではこのような悩みをサポートするための相談先が求められており、スキルを証明するための資格試験にも注目が集まっています。
この記事では特に人気の高い「夫婦心理カウンセラー」「家族心理カウンセラー」をはじめとした夫婦心理家族心理資格人気ランキングについてご紹介します。

1位 夫婦心理カウンセラー

夫婦心理カウンセラー試験とは?

DVや浮気、浪費壁などによる夫婦間の問題、また両親の別居・離婚や子供の家庭内暴力などによる家族間の問題について、その背景を知るためのスキルを持っていることを証明できるのが夫婦心理カウンセラー資格です。
状況把握のためのヒアリングスキルに加えて、当事者同士が建設的な方向に歩み寄るために不可欠なカウンセリングに必要な正しい知識も必要とされます。
夫婦や家族問題に特化した業務での担当カウンセラーとして、また解決事例紹介セミナー講師として、様々な場面で資格を生かすことが可能です。

夫婦心理カウンセラー試験受験者の声

「遠い世界の出来事だと思っていた家族間のトラブルが実は自分にも起きる可能性があることを改めて認識することができた」
「職場の性格上様々な人々の夫婦・家族間の悩みを受け付けるが、偏見なく正しい知識で対応できるようになった。親身になって対応してくれるとほめていただくことが増えた」
「離婚経験の反省を兼ねて学習したが思わぬことに相談先のNPO団体での再就職につながった。離婚も無駄な経験ではなかった感謝できるのはこの資格のおかげ」

夫婦心理カウンセラー試験概要

主催:日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)
受験資格:なし
受験料:10,000円(税込)
受験申請;インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験、期日までに解答用紙を提出
合否通知発送日:解答用紙が受理された翌偶数月の20日
合格基準:70%以上の正答率

2位 家族心理カウンセラー

家族心理カウンセラー試験とは?

家族心理カウンセラーは、一言で言えば円満な家庭運営のためのアドバイスができることを証明する資格です。
夫婦心理学、家族心理学の両面から、個々の家庭によって異なる家庭円満のためのポイントやアドバイスなどを的確に判断することが可能なスキルを持つ証明となります。
また必要な対処方法についても提案できる実践的な知識と技量が必要となります。

家族心理カウンセラー試験受験者の声

「夫婦や家族のあいだの心理に特化した学習がしたかったのでありがたかった。地域の子供ボランティアからはじめて実際の仕事にもこのスキルを生かしたい」
「子供の問題はまず親に原因があると考えてきたので家族心理カウンセラー資格試験の学習によってより実感がわいた」
「夫婦問題について悩む人の力になりたかった。勉強したことを生かしブログで紹介すると思わぬ反響がありやりがいを感じている」

家族心理カウンセラー試験概要

主催:日本インストラクター技術協会(JIA)
受験資格:なし
受験料:10,000円(税込)
受験申請;インターネットからの申込み
受験方法:在宅受験、期日までに解答用紙を提出
合格基準:70%以上の正答率

3位 家族療法カウンセラー

家族療法カウンセラー試験とは?

家族間の問題に悩む人たちの心理的な問題解決には、個人対象だけではなく家族全体を対象とした家族療法カウンセリングが有効となる可能性が高いと考えられています。
家族療法カウンセリングには、アドラー心理学における家族カウンセリングをベースとした最先端の心理学スキルが必要となります。
家族療法カウンセラーはこれらの知識を体系的にカリキュラムに沿って学んだ人が受験できる認定資格です。
これから家族間の問題を心理的なアプローチからサポートしたいと考えるカウンセラー志望の方、あるいはすでに家族問題を手掛けることが多い業務についている方にも向いています。

家族療法カウンセラー試験受験者の声

「費用は掛かったが最終的に資格が取得できてよかった」

家族療法カウンセラー試験概要

主催:日本能力開発推進協会(JADP)
受験資格:日本能力開発推進協指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了していること
受験料:5,600円(税込)
受験申請方法:WEB申込み(カリキュラム修了後随時)
受験申請期間:カリキュラム修了後随時
受験期間:※「認定教育機関での課題修了確認」「検定定試験申込「受験料の支払い」の3つ完了後試験問題の発送
受験方法:在宅受験
合否通知発送日:合否結果は答案受付後約1ヶ月で送付
合格基準:70%以上の正答率

4位 夫婦カウンセラー

夫婦カウンセラー試験とは?

夫婦カウンセラー試験は、日本能力開発推進協会(JADP)が主宰する夫婦の関係改善をサポートするカウンセラー資格です。夫婦問題を扱うカウンセラーは夫婦のコミュニケーション改善へのアドバイス能力や、離婚や別居など深刻な状況下においては、慰謝料や親権などの対処についても知識があることが期待されます。

夫婦カウンセラー試験受験者の声

「夫婦心理について一から学ぶことができたが費用が痛手だった」

受験資格:日本能力開発推進協指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了していること
受験料:5,600円(税込)
受験申請方法:WEB申込み(カリキュラム修了後随時)
受験申請期間:カリキュラム修了後随時
受験期間:※「認定教育機関での課題修了確認」「検定定試験申込「受験料の支払い」の3つ完了後試験問題の発送
受験方法:在宅受験
合否通知発送日:合否結果は答案受付後約1ヶ月で送付
合格基準:70%以上の正答率

5位 家族相談士

家族相談士試験とは?

家族相談士とは、教育福祉関連施設などにおいて家族間の問題解決をサポートするための資格試験制度です。
「家族心理士・家族相談士資格認定機構」より養成指定を受けた「日本家族カウンセリング協会「関西カウンセリングセンター」が主宰しており、社会人だけでなく心理学及び関連領域(教育・福祉・看護等)の大学生や大学院生もカリキュラムを受講し受験することができます。

まとめ:夫婦・家族問題の専門家が求められる今! 資格取得意義は大あり!
夫婦・家族をめぐる問題は根が深く、当事者同士ではなかなか解決に進まないケースも多くあります。
そんな中、心理学からのアプローチを行い実際的な問題への対処をアドバイスできる「夫婦心理カウンセラー」「家族心理カウンセラー」は、特別な受験資格が設定されていない誰でも受験できる資格試験です。
有料カリキュラムを受講しなくとも独学で学習できるため、費用負担が軽くそれでいて実際の就職に役立つ資格として十分な説得力を持つスキルです。
興味がわいたらぜひトライしてみてください。
夫婦心理家族心理学  夫婦心理家族心理学

関連記事

通信講座情報

スパイス

食べる漢方薬!?スパイスの知られざる効能

食べる漢方薬!?スパイスの知られざる効能 「スパイス」と聞いたときに激辛料理やエスニック料理をイメージされる方は多…

ページ上部へ戻る