レターライティングマスター口コミ評判

手紙の書き方

みなさんは手紙を書くことがありますか?

または手紙を書いた経験がありますか?

「レターライティングマスター」とは、手紙を書くことに特化したプロ資格です。日本語はそもそも、言葉の響きが美しく、日本独特の表現力がありますね。

今でもビジネスレターのはじめに季語や、季節のあいさつ文を入れますが、それには季節に使う言葉を守ったり、たとえば「残暑」という言葉はいつから使うかなど決まりがあるのを知っていますか?

そして、敬語の使い方も理解していないと、とくに目上の方や仕事の上で相手方に手紙を書く場合などは、きちんと書けていないと失礼にあたってしまいますね。

レターライティングマスター口コミ評判 — 手紙がもつ奥ゆかしさ

今どき、「手紙?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、たとえ手書きをしなくても、「手紙」の文章をまとめる能力は大切なスキルです。

適したあいさつ文を書き、日ごろのご愛顧に関して御礼を述べたら、事実関係を整理して分かりやすく書き、希望する展望があるなら実現に向けて読み手を誘導していきます。

これだけでも、かなり集約力が必要だと感じませんか?

また、手書きの手紙は珍しくなっているので、想いを届けたいと思ったらあえて手書きの手紙を書いて、奥ゆかしさを演出するのもいいでしょう。
レターライティングマスターはこちら

レターライティングマスター口コミ評判 — 「レターライティングマスター」になるには?

「レターライティングマスター」は、認定試験を受けるために、ほかに資格を必要としません。

言い換えれば、だれでも取得に向けてチャレンジできる資格なのです。

では、逆に言えば「レターライティングマスター」に適するのは、どのような資質でしょうか?

それは何より趣旨がしっかりしていて、気持ちが伝わったり、読み手に喜ばれる手紙を書けるかどうかにかかってきます。

生まれたときから携帯電話やスマートフォン、パソコンに囲まれている世代では、手書きが珍しい人もいるかもしれません。

資格を取得できたら指導する立場で「手紙」の書き方を教え、「仕事」にすることもできるのです。

レターライティングマスター口コミ評判 — 手紙の資格なら、日本デザインプランナー協会(JDP)で

「手紙」には「まだまだ活躍する場がたくさんある」と思ったら、「レターライティングマスター」認定試験を受けられる日本デザインプランナー協会(JDP)で、受験の申請を受け付けてもらえます。

どれほど技術が進歩しても、「手紙」の温かみは書いたその人からしか伝えることができませんね。

そして、その「手紙」から書き手の想いを受け取った人がいたら、きっと「手紙」の素晴らしさに気付いてくれるはずです。
「レターライティングマスター」の認定を受けられる、日本デザインプランナー協会(JDP)は建築業界で人気の高い「実践建築模型認定試験」や「CADデザインマスター認定試験」、デザインが重視されて趣味としても人気がある「フラワーアレンジメントデザイナー認定試験」、「ネイルアートデザイナー認定試験」、「ビーズアクセサリーデザイナー認定試験」、「ニードルフェルトデザインマスター認定試験」などの認定も行っている口コミ評判の高い機関です。
趣味にしても学び甲斐のある「レターライティングマスター」、挑戦するなら日本デザインプランナー協会(JDP)が窓口ですよ!
手紙の書き方  手紙の書き方

関連記事

通信講座情報

ニードルフェルト羊毛

オリジナルデザインが生きる「ニードルフェルトデザインマスター」 口コミ評判

「ニードルフェルトデザイン」とは、近年、急速に注目を集めている人気の手芸です。羊毛を特殊な針(フェルティングニードル)で刺しながら形を作り、…

ページ上部へ戻る