お菓子資格人気ランキング

お菓子

「お菓子屋さん」は、子どもの「将来なりたい職業」で、いつも人気です。今でもお菓子作りが趣味という方も多いです。せっかくですから、資格を取って、もっとお菓子作りについてしっかりと学んでみたいと思いませんか?お菓子に関する資格をランキングで見ていきましょう。

1位:製菓アドバイザー

ケーキーやパイ、シュークリームといった、主に洋菓子に関する知識について学び、十分な知識や技能があることを証明する資格になります。洋菓子に使われる素材の卵やバターなどの乳製品、薄力粉をはじめとする粉の知識。もちろんナッツや果物、スパイスなどの各種材料の種類と選び方。その材料を使ってどのようにしたら、洋菓子がどのように変化するのか。効果やメリット、味や食感の変化などを理解して、適切に材料をえらび、調理することができることを証明する資格になります。また、材料から作られたスポンジ、各種クリーム、生地の違いや、それらを使った洋菓子にはどのようなものがあるのか、また、どのように作られるのかといった知識があることを証明します。

2位:お菓子作りインストラクター

洋菓子を中心に、お菓子に関する様々な知識があることを証明する資格です。こちらは、より実践的なお菓子作りの知識や技能が必要になります。スケール、お菓子に合わせた型、オーブンの種類や温度管理、使い方なども理解し、使いこなせることができることを証明する資格です。基本的なお菓子の種類を理解し、実際に制作するためのレシピ、材料の知識があること、クリームや生地、お菓子を作るのに欠かせない素材、基本的な洋菓子の作りかたなどの知識があることが証明されます。温度、材料の糖度、酸、塩分濃度などの計算や、グルテンの反応など、科学的な知識を持ってお菓子作りに行かせることも照明されます。

3位:スウィーツ・スペシャリスト

お菓子に関する資格の中で、比較的取得しやすいのが、スウィーツ・スペシャリストになります。専門学校に通って資格を取るだけの時間や、お金がない方にお勧めです。日本創芸学院の通信講座で資格を取得することができます。日本創芸学院のお菓子作り講座は公益社団法人日本通信教育振興協会認定の「生涯学習症例講座」に指定されています。初心者でも、お菓子作りの基礎から学ぶことができます。専門家の指導によるテキストとDVDで学ぶので、スクーリングの必要はありません。プロのコツなども含めて指導があるので、自己流でなかなかうまくいかないサクサクとしたパイ作りや、ふっくらとしたスポンジ生地のコツを学ぶことができます。クリームやデコレーションといった基本をしっかりと細部まで指導してくれるだけではなく、お菓子屋さんを開業した時のノウハウも講座に含まれます。また、スウィーツ・スペシャリストは講座を修了すると自動的に取得することができます。検定試験を別に受ける必要がありませんので、時間や費用の負担が抑えられます。

4位:スイーツコンシェルジュ

スイーツコンシェルジュは検定試験に合格した後、同協会に入会することで付与される資格です。お菓子、というよりはスイーツという食文化のジャンルの一つとして学ぶ資格です。一般人はもちろん、業界のプロも取得し、様々なスキルアップに役立てます。スイーツコンシェルジュ検定は3段階に分かれています。ベーシックは、世界の銘菓や文化、洋菓子の分類といった、食文化としてのスイーツを学びます。また、生地やクリームなどの基本構成、製菓用語などの基礎教養を学びます。ベーシックに合格すると、次のアドバンス、マスターに挑戦することができます。

5位:菓子製造技能士

日本下肢教育センターの「菓子製造技能士」です。こちらは技能検定に合格した方に与えられる国家資格です。菓子製造技能検定を受検するためには、実務経験が必要になります。実技試験と筆記試験があり、筆記試験では、お菓子の製造に関する法律や、業者としての広い知識が必要になります。お菓子だけではなく、食品一般や、材料を数値として示せるかどうかなど、幅広い知識が求められます。

6位:製菓衛生師

お菓子を買っていただくお客さまに、安心して召し上がっていただけるように提供する、という資格になります。製菓衛生士の免許は、各都道府県の知事が授与します。認定試験を受験するためには、2年以上の菓子製造業に従事したという実務経験が必要です。
お菓子資格  お菓子資格

関連記事

通信講座情報

flower

プリザーブドフラワー資格口コミ評判

プリザーブドフラワー資格口コミ評判 今ではすっかりギフトなどで人気が定着したプリザーブドフラワー。プレゼントやご自…

ページ上部へ戻る