手紙・文章ライター口コミ評判

手紙の書き方

みなさんは誰かに代わって手紙を書いた経験がありますか?

手紙でもメールでも、文章の上手なひとに内容を書いてもらい、縁をとりもってもらったり、きちんとした挨拶に役立てたりするケースがあります。なかには、ビジネスで交渉ごとを成立させる場合もあります。

「手紙・文章ライター」は、文章をまとめるプロなので「仕事」として成立し、文章の構成に役立つだけの知識とスキルを有します。

手紙・文章ライター口コミ評判 — 想いを伝える手紙はどの時代も有効

メールが主流になった現代ですが、若年層を中心に手紙の文化が復活しており、告白の場面や気持ちを残したいと思ったときに、わざと手紙を利用する流れがあるそうです。

なかには、「文章を作成するのがとても苦手で…」、という方もおり、そんなとき文章をまとめるのが上手な人がそばにいると、思わず代わりに書いてとお願いしてしまうことがありませんか?

手紙・文章ライター口コミ評判 — 書くのが得意と思ったら、この資格

「手紙・文章ライター」は、日本インストラクター技術協会(JIA)が管轄の資格です。

同協会(JIA)では、「アロマ」や「キャンドル」、「ネイル」など趣味にも仕事にも有益な資格の認定を受けられるほか、これからの社会で活躍できる人材を育成する役割も担っています。

日本インストラクター技術協会(JIA)が「手紙・文章ライター」の資格をおすすめするのはなぜなのでしょうか?順に見ていきましょう。
手紙・文章ライター

手紙・文章ライター口コミ評判 — ビジネスのきっかけや大切な場に

ビジネスチャンスをつかむきっかけはさまざまですが、すでに関わりのある人たちとの関係を柔軟に保つためには定期的に挨拶をしたり、お互いが必要な関係にあることをアピールすることも大切です。

節目節目を大切にするのは仕事でも同じで、的確な内容のアプローチがあれば関係を穏やかに保てるでしょう。

「手紙・文章ライター」は、文章のプロ。

ここぞというときに、ビジネスレターや披露宴のあいさつ文などについて相談すれば、期待に応えてくれること間違いなしです。

手紙・文章ライター口コミ評判 — チラシ、広告、WEB… 共通するのは文字

わたしたちが目にするもののほとんどは、文字で構成されています。

伝わりやすければ顧客を獲得したり、売り上げを伸ばすことができ、文章の内容良ければ読んだ人の気持ちを動かすことも可能ですね。

「人は変わらない」、「動かせない」と言いますが、それもプロの手にかかると結果が違ってきます。

また「文章がうまいです」、と言ってもレベルがはっきりしませんが、「手紙・文章ライター」なら資格として証明書も発行できます。一定の水準で試験を通過すれば、日本インストラクター技術協会(JIA)から認定が受けられるのです。

手紙・文章ライター口コミ評判 — 取得して困る資格はない

資格取得は就職や転職に関わるものが多く、それが目的という人が大多数かもしれません。

ですが、資格は取得してすぐに起業しなければいけなかったり、開業しなければいけないというルールはありません。

また資格の面白いところでもありますが、取得して時間がたってから改めてその資格の良さが分かったり、「そういえばこんな資格持っていたよね?」と機会が巡ることだってあります。

「手紙・文章ライター」に気持ちが動いたら、日本インストラクター技術協会(JIA)のホームページで詳細をチェックしてみませんか?
手紙の書き方  手紙の書き方

関連記事

通信講座情報

ongaku

メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験の口コミ評判

音楽によるヒーリング作用 音楽療法は古くは宗教音楽などに遡ります。  ユダヤ教やキリスト教などで信仰を深めるために用…

ページ上部へ戻る