ぬか漬け資格人気ランキング

ぬか漬け

日本の伝統食「ぬか漬け」。ビタミンBや酵素が含まれ、日本人に合うと言われている植物性乳酸菌も豊富で健康にも良いです。でも、なかなか美味しく漬けることができなかったり、どう手入れしていいのかわからないことも多いです。きちんと学んで、しっかりとした知識を身に付けてみるのも一つの手段です。ぬか漬けに関する資格のランキングを見てみましょう。

1位:ぬか漬けソムリエ

ぬか漬けとは米のぬかを乳酸発酵させ、これに食品を漬けた漬物を指します。通常野菜などが多いのですが、魚や肉をぬか漬けにすることもあります。ぬかに塩と水分を与えて乳酸発酵させた「ぬか床」を管理することが重要になります。野菜の表面についている乳酸菌や酵母などの微生物が繁殖し、塩が野菜の水分を浸透圧で出すことで、ぬか漬けになります。米ぬかには食物繊維やビタミンB群が大量に含まれており、ぬか漬けにすることで生の状態とは違う栄養を摂取できます。

お笑いコンビ「チェリー☆パイ」の大湯みほさんが取得したことで有名になったぬか漬けソムリエです。SARAスクールジャパン通信教育のぬか漬け基本コースで学ぶことができます。初心者でも受講できるぬか漬け講座は、最短で2か月で卒業することができます。内容は、ぬか漬けの歴史や栄養効果。ぬか漬けに必要な道具と材料。ぬか床の作り方に、塩分量や漬け方などを学びます。基礎となる教養から、実践的な内容となっているため、資格取得した後は、自分で美味しいぬか漬けを作ることができます。ぬか床に起こりがちなトラブルにも対処することができます。

ぬか床の水分が多すぎる場合や、変色してしまった場合、ぬか床にカビや酵母膜が張った場合にどうしたら良いのかということも学びます。これらに対処するためには、ぬか漬けに含まれる微生物や、発酵に対する知識も必要です。ぬか漬けは、健康志向が高まってる現代で人気食品となっているため、資格取得後は、セミナーや講演などで活躍することができます。

2位:健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクター

日本インストラクター技術協会主催の「健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクター」です。こちらはぬか漬けが健康や美容に及ぼす効果、ぬか漬けにするとおいしい食材、ぬか漬けに合う野菜などの知識が求められます。ぬか漬けのリメイクレシピなども学びます。ぬか漬けの基本はもちろん、漬ける時間の目安や、漬ける前の食材の栄養価などの知識も有していることが証明されます。ぬか漬けは、乳酸発酵が基本となります。

しかし、乳酸が繁殖しすぎると酸っぱくなってしまいます。また、乳酸菌は嫌気性菌という空気を嫌う菌です。ぬか床の表面には悪い菌やカビの胞子が付着して繁殖して腐敗してしまうこともあります。酵母菌や乳酸菌が動き、微生物のバランスを整えることで美味しいぬか漬けが出来ます。健康や栄養の事をしっかりと学べる資格となっています。

3位:ぬか漬けマイスター認定試験

ぬか漬けも含む発酵に関わる知識や食文化のマイスターです。一般社団法人日本発酵文化協会が認定しています。発酵マイスターのテキストおよび講義は東京農業大学応用生物科学部醸造科学科の柏木教授が監修しています。最新の醸造学をもとに、発酵について理解し、ふだんの生活に発酵食品(ぬか漬けを含む)を取り入れることができる必要があります。資格取得後は協会認定発酵マイスターとして活動することができます。

発酵とは何か、という事から、日本に古くからある発酵食品や調味料について学んでいきます。また、発酵を科学的に分析し、メカニズムについて体系的に学びます。実食などもありますので、料理を科学ととらえていく力を身に付けることもできます。発酵マイスターを取得してから発酵プロフェッショナル養成講座に進むこともできます。発酵プロフェッショナルになると、認定講師や、発酵文化協会の加盟店や認定校で講師になったり、研究員となることができます。
ぬか漬け資格  ぬか漬け資格

関連記事

通信講座情報

syunou

収納マイスター認定試験の口コミ評判

世界で最も影響力のある100人 米タイムというアメリカだけでなく世界で有名な雑誌がありますが、  毎年世界で最も影響…

ページ上部へ戻る