イタリア料理資格人気ランキング

イタリア料理

パスタやピザに代表されるイタリア料理は、すっかり日本でも定着しています。でも、実はイタリア料理は奥が深く、魚介類やお肉もおいしいイタリア料理があります。チーズやトマトだけではなく、ソースも奥が深いのがイタリア料理。そんなイタリア料理をもっとしっかりと学んでみたいと思いませんか?ここではイタリア料理に関する資格についてランキング形式で紹介していきます。

1位:イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエとは、イタリア料理について、素材、調理方法、レシピから、その料理が名物となっている地域の文化まで幅広い知識を持っていることを証明する資格です。イタリア料理でよく使用されるチーズや、オリーブオイル、バルサミコビネガーなどの食材について、利用方法や保存方法について学びます。イタリア料理は、地方によって特徴が異なります。南イタリアでは、魚介類を食べることも多く、オリーブオイルやトマトを使用した料理が多く見られます。イタリア東部では、隣接するオーストリアやスロベニアの影響を受けた料理があります。北イタリアでは、フランスやスイスと同様に、乳製品を利用した料理が見られます。またアフリカに近い地域ではクスクスなど、アフリカ文化に影響された料理が見られます。イタリア料理ソムリエは、このような調味料や素材を組み合わせて、適切なイタリア料理を提案していくことができます。

2位:イタリアンコーディネーター

イタリアンコーディネーターは、イタリア料理を通して、豊かな食文化を普段の生活にとりいれていくことを提案する資格です。伝統的なイタリア料理はコースで供されます。食前酒のアペリティーヴォから始まり、アンティパスト、プリもピアット、セコンドピアット、コントルノ、そしてデザート、カフェと続きます。このコースを構成する料理や素材を組み合わせ、より印象的に仕上げていきます。イタリア料理の基礎知識をしっかりと学び、素材と素材の組み合わせ、料理の組み合わせまでアレンジしていくことができます。

3位:イタリアンマイスター

イタリアンマイスターは、「LA BETTOLA da Ochiai」のオーナーシェフ落合務さんの調理ポイントを習得し、家庭でも本格的なイタリアンを作ることができる技能を持つことを証明する資格です、イタリア料理を作るときに欠かせない基本技能を身に付けることができます。にんにくと唐辛子、オリーブオイルだけで作るシンプルなペペロンチーノは、家庭でつくるとお店のような味にならないことがあります。こではオリーブオイルの「乳化」によるもの。イタリアンマイスターのための講座では、乳化はもちろん、火加減や塩加減といった、基本からしっかりと学ぶことができます。

4位:イタリア料理研究家1級

イタリア料理研究家は、イタリア全土にある伝統料理について学び、イタリアンワインについて知識があることを証明する資格です。その中でも1級は伝統料理100種類、イタリアワインは50種類以上の詳細な知識が求められます。イタリアワインは、フランスと同様に法律でさまざまな取り決めがあります。デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ・エ・ガランティータ が最上級に分類されており、1984年に新設されました。それ以前には、デノミナツィオーネ・ディ・オリージネ・コントロッラータ というのがあり、フランスのAOCと同様に、原産地呼称ワインです。DOP申請していないワインでも美味しいものがあるので、ラベルがすべてではありませんが、美味しいワインの目安とされています。イタリア料理研究家は、イタリアの伝統料理だけではなく、このようなイタリアワインの知識も求められます。

5位:イタリア料理研究家認定試験3級

イタリア料理研究家は少しハードルが高い、という方にお勧めなのが、イタリア料理研究家認定試験3級です。こちらもイタリア20州全土の伝統料理とワインの知識が問われます。イタリア料理をどこのスクールで学んだかといった経験は問われません。イタリア料理が好きな人ならだれでも受験できます。
イタリア料理資格  イタリア料理資格

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

住まいの総合資格、住まいアドバイザー

住まいの総合資格、住まいアドバイザー 家を建築する時に悩むのが「どのような家を建てるのが良いか?」だと思います。一括りに家と言っても、洋風…

ページ上部へ戻る