インド料理資格人気ランキング

インド料理

インド料理といえばカレーと言われていましたが、最近ではビリヤニやアッチャール、ムルグティッカなどもメジャーになってきました。こんなインド料理を家でつくることができたら…と思いますね。でもインド料理なんて、まず何を揃えたらよいのかもわからない、という方にお勧めなのが、インド料理に関する資格です。インド料理を学んで資格を取り、詩文自身への未来につなげましょう。ここではインド料理に関する資格をランキング形式で見ていきます。

1位:インド料理ソムリエ

インド料理ソムリエは、奥深いインド料理全般について学び、インド料理に使われる代表的なスパイス、食材、料理、その調理法などについて幅広い知識があることを証明する資格です。インド料理ソムリエは珍しいので注目されることは間違いありません。インド料理に使われる米には大きく分けてきたインドで使用されるインディカ種、南インドでは日本のお米に近い丸い形をしています。たとえば、このお米を料理によって使い分ける方法や、よりおいしく食べるための調理法について学びます。

スパイスにもクミン、コリアンダーシナモンやカルダモンといった華やかで重厚な香りのスパイスから、クロガラシやカレーリーフといった繊細で鮮烈な香りのスパイスまで、その特徴や、使用する料理などについて知識が求められます。インド料理のスパイスは漢方薬として使われるものも多く、体調に合わせてスパイスや料理を選び、提案していくことができます。

2位:インド食文化インストラクター

インド料理、と一口に言っても、広大なインドでは地域は民族によってかなり異なります。インド食文化インストラクターは、このようなインドの中でも異なる食文化について知識を持ち、求めに応じて適切なアドバイスをしていける資格です。地域でみると、北インドは中東に近く、食文化も中東の影響を受けています、またムガール帝国があったため、北インドの料理は皇帝が食べる油や乳製品を多用した料理が多いのが特徴です。華やかで薫り高いものが多いです。

南インドでは、米の栽培に適していたため、米食が盛んです。豊かなジャングルがもたらす様々な大地の恵みを生かした料理が多いのが特徴でしょう。北インドよりもあっさりとした料理が多いです。また、インド料理を語るうえで欠かせないのが、宗教です。ヒンドゥー教や仏教、シーク教など、複数の宗教が信仰されているインドでは、戒律に基づいて提供される料理が多いです。インド食文化インストラクターは、このようにインドの食文化について、料理だけではなく、文化背景までを理解する必要があります。

3位:カレーマイスター

「カレーが大好物」という方も多いです。もはや日本の国民食の一つともなったカレー。そのカレーをもっとおいしくしたい!という方にお勧めなのがカレーマイスターです。普段食べているカレーですが、スパイスの使い方やカレーの材料の選び方。下ごしらえなどでガラリを味が変化して、実に奥深いものです。カレーマイスターは、カレーと言う日本の一つの食文化を通して、私たちの普段の生活をより豊かなものにする資格です。カレーマイスターのゴールは、スパイスやカレーそのものの奥深さや魅力を知り、それを周りに伝えることができるようになることです。

カレーコミュニケシーションや、カレーの歴史、スパイスの科学も学びます。スパイスは実際に手に取って、香りをかいだり、時には口に入れて確認しながら、スパイスの特徴を掴んでいきます。カレーをよりおいしく、より自分好みのものに近づけるための知識を身につけます。好みに応じてスパイスを自分で調合し、マイカレーパウダーを作ることもできるようになります。カレーが出来上がったら、周りの人にも食べてもらいたいですね。カレーマイスターはカレーのプロデュースもします。もっとマイカレーを魅力的に見せるための演出や、おもてなしのノウハウを身につけます。
インド料理資格  インド料理資格

関連記事

通信講座情報

ファッション

服飾インストラクター認定試験の口コミ評判

過去最高益を更新中の業界 ファッション業界は現在過去絶好調を記録していっております。  それを反映する様にアパレル業…

ページ上部へ戻る