カクテルコンシェルジュ認定試験口コミ評判

カクテル資格

カクテルというのは、実はアルコールを使わないジュースのみで作られたものなど様々な種類や組み合わせがあり、基本的な知識があれば自分だけのオリジナルカクテルも作ることができます。
この記事では、カクテルコンシェルジュの受験方法や内容について詳しくご紹介いたします。

大人の味を開発

カクテルは昔から若い女性に人気のあるアルコールとして親しまれていましたが、今はアニメ、ゲームのキャラクターや音楽などをイメージしたカクテルがSNS上で非常に流行っており、お酒が苦手な方やビールや焼酎などが苦手な若い方でも飲んで・見て楽しめるものです。
そのようなイメージ専門のカクテルバーも多く存在するほど、人気の高いものとなっています。
カクテルコンシェルジュは、カクテルに関する知識や道具の使い方などの基本的な知識から、実際に作るための技術や技法を有することを証明する資格です。
例えば、イメージに合った色を出すための割合や度数の調整、季節やイベントで役立つカクテルからスパイスや生クリームを使ったカクテルの作り方まで理解していないといけません。
この資格を所持していれば、アルコール飲料を提供する飲食店で役立つのはもちろん、スナックやバーなどお酒をメインに扱うお店でも即戦力として働けるでしょう。

試験申込や受験方法

カクテルコンシェルジュは「日本インストラクター技術協会」という団体が主催しています。
この協会は他にも「ドライフルーツ製法インストラクター」や「ホロスコープインストラクター」などの生活に役立つスキルや、趣味のスキルアップを考える人へ指導できる力を中心とした内容の認定試験を開催しています。
協会のホームページで専用フォームからの申し込みのため、全国どこからでも受験申込みをすることができます。在宅受験になりますので、申し込みから受験、結果発表まで特定の場所へ行かなければならないということは一切ありません。
受講料は消費税込みで10,000円。70%以上の評価で合格となります。試験期間は5日間と自宅で落ち着いて取り組めます。解答を送り、合否が送られてくるのは1ヶ月後になります。
試験の申し込み期間は1ヶ月、試験は二ヶ月に一回のペースで開催されているのでいつ勉強を始めても丁度良い時期に受けられるでしょう。
カクテルコンシェルジュはこちら

カクテルに関する勉強法

資格についてあまり考えていないけれどカクテルが好きで独学で勉強しているという方も多くいらっしゃいます。
様々な種類が載ったカクテルの本は多く販売されていますので、材料を混ぜたりするだけのカクテルはすぐに作れるようになるかもしれません。カクテルの種類だって多く覚えられるとは思います。
しかし、道具の詳しい使い方や基本的な知識、応用をきかせてオリジナルカクテルを作るためにはどうすればよいかなど、少し掘り下げた部分は本だけで学ぶのが難しいです。
趣味の範囲でカクテルを楽しむのならば全く問題ないかもしれませんが、さらなるスキルアップや資格取得を狙う場合は、正しい知識で基礎から学んだ方がより効率的に、確実に試験の役には立ちます。
もちろん掛かる費用はただ本を買うよりも高価ですが、カクテルの知識を確実に自分のものにしたい方やインターネットの知識では不明瞭・何が正しいのかわからなく不安だという方は一度カクテルの通信講座についてチェックしてみてください。
カクテルの通信講座を受講する場合は、卒業検定と共にカクテルコンシェルジュではない別のカクテル系の資格も取得できるチャンスがあります。いずれにせよ持っていて損は無い知識と資格ですので挑戦していただきたいです。

さいごに

いかがでしたでしょうか。カクテルのレシピは無限大ですので、自分でカクテルを作れるスキルを身に着ければオリジナルカクテルを考えて友人たちに振る舞うなど、自分以外の他の人も楽しませることもできる技術です。
この記事を読んで、少しでもカクテルコンシェルジュについて興味を持っていただけたら幸いです。
カクテル  カクテル

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

ライフ環境アドバイザー認定試験の口コミ評判

急速に加速する高齢化社会 高齢化社会が想像以上に加速して進んでしております。  背景には、日本人が子供を産む人数がど…

ページ上部へ戻る