カクテル資格人気ランキング

カクテル資格

みなさんは、カクテルに関する知識をお持ちでしょうか?カクテルの知識を付けることができれば、普段のカクテルをもっと楽しむことができるようになることのほか、シーンに合わせたカクテル選びやカクテル作りができるようになります。

実際にこんな思い、ないですか?

・カクテルを今よりもっと身近に感じたい
・カクテルを自宅で作れるようになりたい
・気分に合わせたカクテル選びができるようになりたい

こういった思いを叶えてくれるのが、カクテル資格です。今回、そんなカクテル資格をランキング形式にて5選ご紹介していきます。ぜひ、自分に合ったカクテル資格を取得してくださいね!

1位 カクテルソムリエ

カクテルソムリエとは、ショートドリンクやロングドリンクの違い・ホットカクテルやフローズンカクテルの違いなど、カクテルに関する幅広い知識を有している人のことを指します。また、温度管理の知識・グラスの選別方法・フルーツカット技術も必要です。

カクテルが作れるようになりたい!という方や、カクテルをもっと知りたい!といった方から支持を得ている資格です。また、カクテルソムリエの知識をつけることができれば、シーンに合わせたカクテル選びやカクテルをさらに身近に感じることができるようになるため、大人気の資格となっています。

カクテルソムリエ認定試験 概要

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請方法:インターネット

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

カクテルソムリエ認定試験は、受験資格がなく、在宅受験となっています。これまで、家事や仕事で試験会場に行けないことが理由で資格取得に至らなかった方も多いかと思います。そういった方でも、安心して自宅で試験を受けることができるようになっていますので、悩んでいる方は挑戦してみることをおすすめします!
カクテルソムリエ

2位 カクテルコンシェルジュ

カクテルコンシェルジュとは、カクテルの正しい作り方や道具の選択知識、アルコール度数の調節方法などに関して一定以上の知識を有している人のことを指します。カクテルコンシェルジュの資格を取得することができれば、カルチャースクールにおける講師活動や、自宅で教室を開くことが可能となります。

カクテルを飲むことが好きな方はもちろんのこと、本業から副業まで活かせる資格で人気となっています。また、カクテルソムリエ認定試験同様に在宅受験となっており、緊張しがちな方でも自宅でリラックスをして受験に臨むことが可能です。

カクテルコンシェルジュ認定試験 概要

受験資格:特になし

受験料:10,000円(税込)

受験申請方法:インターネット

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価
カクテルコンシェルジュ

3位 カクテルマイスター

カクテルマイスターとは、カクテルの歴史知識に加えてバーにおけるマナーなど、カクテルの知識を一定以上持つ人のことを指します。カクテルの歴史知識を身に付けることで、普段何気なく飲んでいるカクテルの意味を考えながら飲むことができるようになります。

カクテルを飲むことが好きな方や、カクテルについて歴史から学びたい!という方におすすめです。

カクテルマイスター資格 概要

受験資格:日本能力教育促進協会指定の認定機関が行う講義で、受験申請を行った方

受験費用:講義費用に含む

4位 カクテルアナリスト

カクテルアナリストとは、カクテルやビール・リキュール・ワインといった洋酒に関する知識を持ち、カクテル作りの方法や配合など幅広い知識を持つ人のことを指します。趣味だけでなく、飲食業界でも活用できることから人気の資格となっています。

カクテルアナリスト資格 概要

受験資格:日本能力開発推進協会指定の認定教育機関等が行う、教育訓練の全カリキュラムを終えた方

受験料:5,600円(税込)

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

5位 カクテルアドバイザー

カクテルアドバイザーとはカクテルの知識を持ち、それを第三者にアドバイスできる人のことを指します。カクテルが好きな人に加えて、カクテルをもっと広めたい!といった方から支持を受けている資格です。

カクテルアドバイザー 概要

受験資格:20歳以上の方

受験料:36,000円(税込)
カクテル  カクテル

関連記事

通信講座情報

fusui

風水資格口コミ評判

風水資格口コミ評判 「風水」と聞いてどのようなイメージを思い浮かべますか?占いのようなスピリチュアルで不思議なイメ…

ページ上部へ戻る