カップケーキ資格人気ランキング

カップケーキ

台にしたドラマや映画でも、カラフルなクリームが乗ったカップケーキにぱくっとかぶりつくシーンがあったりします。あんなカップケーキがパーティにあると、話題になりますね。お子さんと一緒にデコレーションするのも楽しそうです。デコカップケーキは人気があるものの、まだ教室も少なく、習いたくてもなかなか難しいのが現状です。そこで、カップケーキの資格を取って、あなたがカップケーキ講師になってみませんか?カップケーキに関する資格をランキングでみていきましょう。

1位:カップケーキソムリエ

カップケーキソムリエとは、カップケーキのレシピや知識はもちろん、カップケーキを作る技術や技能をもっていることを証明する資格です。基本となるプレーンなタイプのカップケーキのための材料、レシピ、作り方の基礎が理解できていて、正しい手順で行えるかどうか。また、応用としてオーブンの他に電子レンジを使った場合や、米粉を使ったもの、卵を使わないタイプ、市販のホットケーキミックスを利用したものなど、材料を変化させた応用力も問われます。また、合わせるクリームやフルーツ、ナッツの組みあわせや、その栄養素、触感の変化や、クリームなどのデコレーションとの相性などについての知識も必要になります。

基本となるデコレーション用のアイシングの作り方や扱い方。クリームチーズなどの素材を使った場合のデコレーションの基本を身に着ける必要があります。飲食店の他、パティシエを目指している方、かわいいデコレーションカップケーキを作りたい方に人気の資格です。いまや定番となったカップケーキですが、1796年に「小さなカップで焼かれたケーキ」として初めて紹介されました。初めは本当にティーカップで焼かれた小さなケーキを指していたようですが、マフィン型が登場し、このくらいの大きさのケーキはだいたいカップケーキと呼ばれます。

2位:カップケーキ・マフィンパティシエ アドバイザー

カップケーキ・マフィンパティシエアドバイザーとは、カップケーキやマフィンを作るために必要な知識や教養があり、かつカップケーキやマフィンを作る技能を持つことを証明する資格です。基本となるプレーンなカップケーキを作るのに必要な材料。これらの材料がどのように作用してカップケーキとなるのかを理解する必要があります。また、昨今のアレルギーを持つ人に対応できるよう、卵を使わないカップケーキ、小麦粉のかわりに米粉を使うカップケーキの場合に、どうしたら良いのかといった応用レシピにも対応します。デコレーションに使うアイシングやクリームの作り方や素材についても学びます。デコレーションの基本となる絞り出し技術や、トッピングの扱い方について知識や技能が求められます。

3位:日本サロネーゼ協会(JSA) ・カップケーキデコ

カップケーキのデコレーション技術に特に優れた知識や技能を持つことを証明する資格がカップケーキデコ認定です。デコレーションカップケーキの基本からしっかりと学びます。その後、シュガーペーストや、アイシング、クリームを使ったデコレーションに必要な技法を、基本から学びます。シュガーペーストによるカバーリングや、立体的な装飾の作成、絞り技術も基本となるスターやウェーブから、花の作成まで行います。ラブリー、ガーリー、エレガントなど、様々なカップケーキを自由自在に作ることができることを証明します。

カップケーキの専門店がアメリカで広まって依頼、有名なのが、ニューヨークで大人気となったカップケーキ専門店のマグノリアベーカリーです。テレビドラマや映画にもなった「セックスアンドザシティ」にも登場して小物として役割を果たしています。イギリスでもマグノリアベーカリーの影響を受けたカップケーキ専門店が広まりました。カップケーキにアイシングと呼ばれる砂糖衣をかけてデコレーションしたものが2009年ごろから世界的にブームとなっています。
カップケーキ資格  カップケーキ資格

関連記事

通信講座情報

キッチン

キッチン心理アドバイザー口コミ評判

「キッチン心理アドバイザー」とは、日本インストラクター技術協会(JIA)の認定で取得できる、近年評判になっている資格です。 食料やドリ…

ページ上部へ戻る