キッチン資格人気ランキング

キッチン

キッチンは女性にとって、とても大切な場所ですよね。

おしゃれで快適なキッチンには誰しも憧れます。

そんなキッチンに関する知識を学べる資格取得が人気を集めていますよ。

キッチンに関する基本的な知識だけでなく、生活全般に関わることまで学べるのがキッチン資格の特徴です。
使いやすい施設・施工から、心理学の基礎と合わせて学べる資格までさまざま。

その中でも特に評判の高い資格試験をご紹介します。

【1位】キッチン心理カウンセラー

キッチン心理カウンセラーとは、心理学の基礎から、キッチンの環境について合わせて学べる女性に人気の資格試験です。
主催は日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)。心理学の基礎知識を元にキッチン周りの施設環境や生活全般についてのカウンセリングができる一定のスキルがあると認定される資格です。
資格取得後は心理学、キッチン環境の工夫の仕方などカウンセラーとしても活動ができるようになります。

女性にとって、キッチンとは家の中でも非常に大切な場所。心理学に基づき食品が心身にもたらす影響や、自宅のキッチンを今よりも使いやすく、快適にすることができるなら、毎日の家事も楽しくなりそうですね。

家族の心身の健康を守る主婦としては、このような知識は学んでいて損はありません。在宅で受験が可能なことも人気の理由になっているようですよ。

受験資格:特になし
試験:年に6回
受験料:10.000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申し込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価
日本アロマメディカル心理セラピー協会:
キッチン心理カウンセラーはこちら

【2位】キッチン心理アドバイザー

第2位に人気の「キッチン心理アドバイザー」は、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の民間資格です。キッチンに関する倫理から、地域精神・チーム医療などといった心理面からの相談援助知識がある方に認定される資格です。
就職や転職にも強みになる資格取得。けれども、この資格が人気の理由は就職など仕事に関するだけではなさそうですよ。
食品・飲料が心身にもたらす影響やキッチン周りの環境について、心理学の方面からアプローチをするという点が、主婦を中心に女性たちの評判になっています。
家庭を守る主婦にとっては、これ以上ないくらい生活に密着した知識を学べるキッチン心理アドバイザーの資格取得は独学でも可能ですが、さまざまな資格取得講座もあります。第一位のキッチン心理カウンセラーと合わせて受講できる講座や、卒業課題の提出で試験が免除される講座などあります。

受験資格:特になし
試験:年に6回
受験料:10.000円(消費税込み)
受験申請:インターネットからの申し込み
受験方法:在宅受験
合格基準:70%以上の評価
日本インストラクター技術協会:キッチン心理アドバイザーはこちら

【3位】キッチンスペシャリスト

キッチンスペシャリストは、若い女性を中心に人気の資格試験です。
キッチンスペシャリストは、キッチンに関する設備機能や設計・施工に関する知識を活かして、快適で使いやすいキッチンをニーズに合わせて提案するお仕事。
公益社団法人インテリア産業協会指定の試験に合格したうえで、協会に登録して認定書を交付されるとキッチンスペシャリストとして認められます。
この資格の有効期限は5年で、登録を継続するには指定の申請書の提出と更新手数料が必要になります。
受験資格:特になし
試験:年に1回
受験料:学科のみ10.800円、実技のみ10.800円、同時受験14.000円(消費税込み)
合格基準:70%以上の評価
インテリア産業協会:
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

関連記事

通信講座情報

souji

ハウスクリーニングアドバイザー認定試験の口コミ評判

ロボットには任せれない人手のお掃除 2,3年前よりiRobot社のルンバを皮切りにお掃除ロボットを用いた掃除がブームに…

ページ上部へ戻る