キャンドルアーティスト認定試験の口コミ評判

candle

キャンドルの火に癒しを求めて

ローソクが最近注目を浴びております。
ただ真っ白なローソクや、ケーキに用いるようなローソクではなく、
様々な形・色をしたローソクでキャンドルという呼び方であればしっくりくる方は多いかと思います。
また、火をともす事で香りが出るものも存在し、注目を浴びております。
形もフルーツやケーキなどをかたどった可愛らしいものや、
お風呂に浮かべて真っ暗にした中に火をともしてその明かりや香りを楽しむフローティングキャンドル、
人形や動物などをモチーフとしたキャンドルなど数多くの種類が存在します。
キャンドルの作成方法としては、基本的にはワックスを容器に流し込んで型を取る手法や、
手で形を整えながら様々な形を作っていくなどがあり、
簡単に行える内容から、複雑な形になれば当然作成は難しくなってきます。
そのため、素材自体はある程度安価なものが多いので、
キャンドル作成を趣味にする人が年々増えてきております。
キャンドル資格

キャンドルアーティスト認定試験とは?

しかしながら、本やネットだけではどのように作成すれば良いのかよく分からないという人も
増えてきております。
そのため、せっかく用具や素材などを購入したもののキャンドル作りを
あきらめてしまうという人も少なくもありません。
そのため、キャンドル作成を行え、教える人を増やすため、
日本のインストラクターを育成する事を目的に設立された団体である
日本インストラクター技術協会ではキャンドルアーティスト認定試験という試験を設置しております。
この試験は、ベーシックキャンドル(ラウンド・スクエア・コーン・ボール・テーパー・スパイラル等)、フローティングキャンドル、カップキャンドル、グラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルなどの作成技法や
素材の利用方法などを他の者に教える事が可能なレベルまで知識習得している事を認定する資格となります。

受験方法について

この資格は、これらに関する職業に従事している人でなくても、知識さえ保有していれば受験が可能です。
また、ご自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本インストラクター技術協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこからキャンドルアーティスト認定試験のページリンクにアクセスします。
リンク先には募集要項、試験内容に加え、試験実施日に関する記載があります。
確認行えましたら、受験申込みのボタンをクリックします。
するとどの試験区分を受験するかのリストと、
住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

キャンドルアーティスト認定試験の口コミと評判

キャンドルアーティスト認定試験を受験された方は、

キャンドルに魅せられ、キャンドルデザイナーを目指す一環として受験しました。
今後はキャンドルデザイナーになれる様にデザインなど勉強しつつ、販売を行っていこうと思います。

との事でした。

キャンドルキャンドル

関連記事

通信講座情報

fusui

風水鑑定士認定試験の口コミ評判

いつの時代でも強い味方、風水 風水の起源は古くは紀元前から始まったといわれております。 それは現代社会でも根強く続い…

ページ上部へ戻る