キャンドルデザインマスター認定試験の口コミ評判

candle

キャンドルの魅力

皆さんはキャンドルを用いる事はありますでしょうか?
 アロマを家でしている人にはおなじみかと思いますが、
 意外と誕生日、クリスマス、最近ではハロウィンなど生活の中で色々な箇所で
 使われている事が多いかと思います。
 また、おしゃれなレストランなどでも使われていたり、
 結婚式などの演出などにもキャンドルサービスなどで使われていたりしますよね。
 暗い中で一点に燃えている炎は人を引き付けるものがあり、
 そこに照らされるキャンドルの形は更に人を魅了するきっかけになるかと思います。

キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験とは?

上記の様な背景より、キャンドルを作ってみたいという要望も年々増えてきております。
 実際に現役にキャンドル作成で有名な方といえば、キャンドル・ジュンさんでしょうか。
 あのクラスになれば1回のイベントでは何百万円という金額が動き、
 またショップで販売されているキャンドルに関しても、小さいものでも2000円位から、大きいのでは3000円位から
 取り揃えられており、高額なものは何万とするのもございます。
 その様なトッププロとまでいかないにしても、キャンドルを作成したいという方は大勢おられ、
 独学で始める方の中には、自身の技術がどんなものかを確認したいことあるかと思います。
 それらを作成する技術を評価する資格として、キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験というものがございます。
 これは、キャンドル製作に必要な知識、技術のレベルが一定の基準を超えているかどうかを
 評価する資格となっております。
 ある通信教育を取り扱っているホームページでは、2015年の人気急上昇な資格の1位を獲得している事からも
 その人気の高さはうかがえるかと思います。
 試験内容としては、キャンドル製作に用いる材料の特徴やその用途、
 各種キャンドルの形や製法などの特徴、製作の工程などが問われます。キャンドル資格

受験方法について

この資格は、自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本デザインプランナー協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこからキャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験のページリンクにアクセスします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験の口コミと評判

キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)認定試験を受験された方は、
 「
  キャンドルの魅力にとりこになり、日に日に自身でデザインして作成したいという要求が高くなっておりました。
  しかしながら、どの様に作成していけば良いのか分からなかったのですが、
  知人よりこの試験がある事を教えてもらいました。
  試験勉強を進めていく中でどの様にキャンドルを成形していくのかという事や、
  素材などに関して勉強を進めていく事ができました。
  そして、見事合格し、今では自分が想像だけであったキャンドルに関しても、
  それを具現化する事ができる様になって非常に生活が充実しております。
 」
 との事でした。

キャンドル  キャンドル

関連記事

通信講座情報

diy

DIY資格人気ランキング

最近、特に耳にすることが多くなったDIYとは、 英語の「Do It Yourself(ドゥ・イット・ユアセルフ)」の略語です。プロではない人…

ページ上部へ戻る