コーヒー・カフェ資格評判ランキング

cafe

コーヒー・カフェ資格評判ランキング

1000年以上前から、世界中で愛されているコーヒーについて、もっと知りたい、もっと極めたいという方。また、将来カフェを開業したいと思っている方。単純にコーヒーが大好きでコーヒーの選び方、淹れ方や、飲み方、楽しみ方をもっと知って生活を豊かにしたいという方々におすすめなコーヒー・カフェ資格です。人気の7つの資格をご紹介いたします。

1位  コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格

理由:日本安全食料料理協会が認定している資格で、コーヒー豆とコーヒーの産地や種類、美味しい生豆の見分け方、焙煎についてなど、コーヒーを選んで、楽しむための知識が問われる資格認定試験があります。年6回実施されている試験は自宅からインターネットで受験することができるので、忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすい試験であるのが、人気の理由の一つです。コーヒーについての基礎知識を有していることを証明できる資格です。
コーヒーソムリエ資格認定試験

2位  カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)資格

理由:将来カフェを経営するカフェオーナーを目指す人にとって最適な資格です。カフェオーナーとしての知識、実践で活用できるということを認定してもらえる資格です。カフェオーナーを目指す人のみならず、飲食関連企業で働いている方、働きたい方にもおススメの資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができるというのも魅力です。認定試験が在宅で受けられるというのも魅力的です。
カフェオーナースペシャリスト資格認定試験

3位  コーヒーインストラクター検定資格

理由:全日本コーヒー商工組合連合会がコーヒーの正しい知識の普及と技術の向上を目的として立ち上げた、日本で初めてのコーヒーに関する資格です。2級と1級があり、ステップアップして学習ができます。

4位  コーヒーマイスター資格

理由:コーヒーに対するより深い知識と基本技術が習得されていて、お客様へ豊かなコーヒー生活を提案できるプロのコーヒーマンに与えられる資格です。日本スペシャルティコーヒー協会が主催する「コーヒーマイスター養成講座」を修了し、認定試験に合格すると取得できます。テキストにて自宅で学習し、実技講習会に参加した後、筆記試験という流れです。資格取得後、有効期限が3年ですので、3年ごとに更新の手続きが必要となります。

5位  JBAバリスタライセンス資格

理由:日本バリスタ協会の認定するJBAバリスタライセンスには、レベル1~3とインストラクターの資格があり、段階的にステップアップしていく仕組みになっています。それぞれに筆記・実技の試験があり、レベルが高くなるほどに難易度が上がっていきます。実務経験者以外が受験する場合、JBA認定校が開講するカリキュラムを受講する必要があり、受講費用と受験費用を合わせると高額にはなりますが、バリスタとしてプロフェッショナルを極めるならこの資格がおすすめです。

6位   コーヒーコーディネーター資格

理由:通信教育でコーヒーコーディネーター検定講座を受講し、すべての課題に合格すると、資格が取得できることから、取得までの難易度はけっして高くはありません。実習のための道具や教材は全て送られてくるので、自宅で楽しく練習して技術が習得できます。

7位  カーサバリスタ資格

理由:日本能力開発推進協会が認定する、ペーパードリップ、サイフォン、ネルドリップエスプレッソなどのコーヒーの抽出技術、デザインカプチーノの作成技術を備えていることを証明する資格です。認定教育機関にて講座を受講し、修了後、1年以内に認定試験を受験し、合格することで資格が取得できます。

カフェオーナー  カフェオーナー

関連記事

通信講座情報

syunou

整理収納インストラクター認定試験の口コミ評判

整理や収納できない人が増えてきている背景 整理や収納に困っているという方を多く聞くようになったかと思います。  ただ…

ページ上部へ戻る