スパイス・調味料資格評判ランキング

スパイス

スパイス・調味料資格評判ランキング

食の国際化や多様化が進む現在、スパイスや調味料への興味・注目は年々高まっています。それでも日本国内ではまだまだスパイスの知識は一般化に乏しい部分もあり、一部の専門家だけしか知らないことも多くあります。今後の食品業界において、スパイスや調味料の正しい知識を知っておけば、新たな需要が期待される分野です。スパイス資格を学ぶことで、新たな知識に触れることができます。現在人気の5つの資格をご紹介します。

1位  スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)資格

理由:日本安全食料料理協会が認定する、スパイスの歴史やスパイスの種類を理解し、様々なスパイスを有効的に活用できる知識を持つ人に与えられる資格です。試験は在宅で受験でき、70%の正答で合格できますので、スパイス資格を短期間で無理なくとりたい方に最もおすすめの資格です。資格取得後は、飲食業界などで広く活躍する事が可能です。
スパイス香辛料アドバイザー資格認定試験

2位  スパイスインストラクター資格

理由:日本インストラクター技術協会が認定する資格で、スパイスの種類、その効果や作用を理解し、スパイスを適切に使用可能な知識を持つ人に認定される資格です。試験はインターネットで申し込んで、在宅で受験することができるので、自身のペースでしっかり学習して、試験に臨めます。資格取得後は「スパイスインストラクター」としてカルチャースクールなどで講師活動も可能なのが、最大の魅力です。
スパイスインストラクター資格認定試験

3位  スパイスコーディネーター資格

理由:スパイスコーディネーター協会が「スパイスの知識や技能を高め研鑽すると共に、教育、福祉などにおいて貢献できる人材を社会に送り出す」ことを目的として、独自に行う認定試験により、認定が受けられる民間資格です。協会の定めるスパイスコーディネーター養成セミナーを受講し、年2回以上行われている認定試験に合格すれば取得できます。さらにこの資格の上級資格であるスパイスコーディネーターマスターという資格もありますので、さらなる知識を追求する方にはおすすめです。

4位  スパイス&ハーブ検定資格

理由:受験者のスパイス&ハーブに関する知識習得度をはかる試験で、スパイスやハーブの使い方、基礎知識、豆知識などが幅広く取り上げられます。3級から1級まであり、難易度が異ります。2・3級はマークシートのみですが、1級は記述問題もあるので、深く幅広い知識が求められます。この検定の主催である公益財団法人山崎香辛料振興財団の認定テキストをしっかり読み込んで、知識を定着させてから試験に臨むと良いです。

5位  カレーマイスター資格

理由:食を楽しむ社会の創造を目指し、さまざまな食の資格を提供する、日本野菜ソムリエ協会の認定資格です。取得するには、カレーという文化を通して食生活をより豊かにし、カレーの魅力を広く伝えることのできる人材を育成している「カレーマイスター講座」を受講します。全4回の講座と、課題提出、最終回に行われる修了試験に合格すれば取得できます。スパイス系資格の中でも、とくにカレーに特化した知識が得たい方にはおススメです。

スパイス  スパイス

関連記事

通信講座情報

ongaku

音楽療法インストラクター認定試験の口コミ評判

ストレスが多い現代世界での癒しを求めて 働けど働けど給与水準は一向に改善せず、物価は上昇するばかりです。  宝くじな…

ページ上部へ戻る