スパイス香辛料アドバイザー認定試験の口コミ評判

スパイス

料理を引き立てる魅惑の食材 スパイス

人はいつのころからか身の周りにある香りがある草や花に関して、ある時は鑑賞として、
 ある時は薬草として、またある時は食材として利用してきました。
 それらの草花がハーブと呼ばれ、また現代のスパイスとして利用する様になってきた
 歴史かと思います。
 スパイスは日本では香辛料と翻訳され、50年位前にはそこまで普及は進んでなかった
 ものかと思います。それが80年代を迎え急速に食文化が加速して進化する中で、
 輸入雑貨店やデパートだけではなく、スーパーやまたは雑貨屋などでも実に豊富な
 スパイスが手に入るようになりました。
 日本にも古くからはショウガや山椒、わさびなどがスパイスに分類されるものとして
 利用されてきましたが、諸外国には実にさまざまな味や香りがするスパイスが存在し、
 それらを融合させることにより無限の表現力があるかと思います。

スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)認定試験とは?

この様なスパイスに関して、まだまだ知識を備えている人材はあまり世の中に多くおりません。
 そのため、プロのシェフなどでもどの様なスパイスが存在するのか把握しきれている人は
 そこまでいないためスパイスを専門的に取り扱う人に聞くことで試す様な形になるかと思います。
 また、一般生活においても、スパイス事態は簡単に手に入るようにはなりましてが、
 実際にそれをどのような料理に使えばいいのかまでは説明してくれません。
 この様にスパイス事態は簡単に手に入るようになったもののそれらの使い方に関するノウハウを
 持った人を増やしていき食文化をさらに充実なものにさせようとするために、
 日本安全食料料理協会という日本の団体がスパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)認定試験という資格を設けております。
 これは、スパイスに関する知識を一定以上保有している人に対して交付される資格となっております。
 試験内容としては、スパイスの歴史などから始まり、スパイスの種類やその原産地についてや、
 スパイスの効果や作用に関して出題されます。
 また、スパイスをどのようにして利用するかや、どのようなスパイスがどのような料理と合うかなど
 幅広い内容が出題されます。
 このような多岐に渡る範囲の出題内容となっておりますので、資格の価値としてはとてもあり、
 外食産業を始め、食品業界など多くの業界で注目を浴びている資格となっております。スパイス資格

受験方法について

この資格は、自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本安全食料料理協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこからスパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)認定試験のページリンクにアクセスします。
リンク先には募集要項、試験内容に加え、試験実施日に関する記載があります。
確認行えましたら、申し込みのページに遷移するためのリンクへアクセスします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)認定試験の口コミと評判

スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)認定試験を受験された方は、
 「
 スーパーなどで色々なスパイスが売られているのを買っているうちに興味を持ちました。
 資格を取得した事で世の中になんらかの形で知識として評価されるレベルであることが分かりましたので、
 今後まずは公民館などでこの知識を更に広めれるように取り組んでいきたいと思います。
 」
 との事でした。

スパイス  スパイス

関連記事

通信講座情報

mental

カウンセリング資格人気ランキング

ストレス社会と言われる現代の日本において、カウンセリングの仕事は欠かすことのできない職種になってきています。公的資格制度の整備は遅れているも…

ページ上部へ戻る