スポーツフード資格人気ランキング

スポーツフード

スポーツをする上で、トレーニングと同じように重要なのが、食事です。普通の人でも、食事は重要なものですが、スポーツをしている人には特別な食べ物や栄養に関する知識が欠かせません。スポーツフード系の人気資格のランキングを見てみましょう。

1位:スポーツフードマイスター

スポーツ系の食に関する資格の中でも、もっとも有名なのが、スポーツフードマイスターです。スポーツ選手のための栄養の基本から、献立作り、レシピに至るまでの実践レベルまで十分身に付けたことを認定する資格です。筋肉はもちろん、神経や脳などの栄養源、身体の機能を十分に活用するための栄養素、高いパフォーマンスを維持するためのエネルギーや栄養、水分などの知識があることが証明されます。また、スポーツフードマイスターは、主食、副菜、汁物、ドリンクなどのレシピに関する知識が証明されるほか、体を強くし、コンディションを整える食を管理、指導する技術を持つことも証明されます。

2位:アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターは、サプリメントなども含めた総合的な栄養素や食事の考え方を十分に身に付けたことを証明する資格です。競技の特性に合わせた栄養とは何か、持久力や瞬発力、球技系など、必要に応じた栄養素や食事の考え方を身に付けます。また、アスリート栄養食インストラクターにしかできない、疲労回復方法や、故障時の回復食、トレーニング期やメンテナンス期、試合に向けた調整などスケジュール別の栄養素と食事を総合的に考慮して行きます。アスリートのパフォーマンスだけではなく、フィジカル的な減量・増量も含めた十分な知識があることが証明されます。

3位:アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターは1級から3級まであり、1級ともなると、高度な栄養や食の管理だけではなく、医療との連携やアスリートのメンターとして活躍します。アスリートの食事マネジメントが基本ですが、身体のメカイズムや栄養学、アスリートとのコミュニケーション手法、病気やけがの治療事例研究などもあります。初歩となる3級では、スポーツをするための食事学の基礎知識を中心に学びます。これだけでも、自分自身や家族の食生活に役立てていくことができます。身体と栄養の基本をしっかりと学び、段階的に専門的に学んでいきたい方におすすめです。

4位:スポーツフードスペシャリスト

一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)のスポーツフードスペシャリストです。アスリートはもちろんですが、部活に励む子供や、日常的にスポーツを楽しむ人のために役立つ栄養素やサプリメントの知識を身に付け、疲労回復や、体作りに役立つ資格です。種目や、レベル、アスリートの性別や世代に合せた食事のとり方や献立の提案、試合などに向けた調整なと、目的やコンディションに合わせて、正しくスポーツフードを理解し、実践していく専門家の資格になります。スポーツフードスペシャリストはとてもやりがいのある職業のひとつとして現在では話題になっています。

5位:スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーも、プロのアスリートというよりも、スポーツをする成長期の子供の性別や協議内容などを考慮して、栄養素や食事の提案や調整を行う知識を身に付ける資格です。スポーツを頑張る子供を応援したい方にお勧めな、普段の成長を促す食事。体を作る栄養素や、競技に向けて強い体を作るための食事、量までしっかりと計算できるお弁当の提案。試合本番で、練習の成果を十分に発揮できるための前日から当日の朝の食事まで。いつ、何を、どのくらい食べたらよいのかという具体的なことを学びます。スポーツと怪我は切り離せないものですが、成長期にしっかりと強い体を作ることで、将来的にも怪我のリスクを最小限にすることができます。そのために毎日必要な食について総合的に学んだことを証明する資格です。

スポーツフード資格  スポーツフード資格

関連記事

通信講座情報

建築模型

実践建築模型認定試験の口コミ評判

建築模型とは? 建築物を作成する上において、設計図が必要だという事は皆さんすぐにイメージが湧くかと思います。  …

ページ上部へ戻る