スーパーフードアドバイザー口コミ評判

スーパーフード

【スーパーフードアドバイザー】の資格は、食品とサプリメントの中間に位置する存在として認知される、スーパーフードに関する知識を有し、スーパーフードの効果や有効な調理方法などを第三者にアドバイスするための資格です。資格取得後には自身でスーパーフードを取り入れた食生活を実践することはもちろん、スーパーフードに関する講師活動も可能になります。

スーパーフードとは?

スーパーフードとは一般的な食品の中でもとりわけ栄養価が高く、特に一部の栄養が突出して多く含まれるような食品の総称です。スーパーフードの存在意義はその突出した栄養成分に他ならず、感覚としては一般食品とサプリメントの中間くらいの存在として認知されます。

現在、スーパーフードとして知られる存在の中には数世紀もの間、特定の地域でその地域住民の健康維持に貢献してきたとされる食品もあり、スーパーフードという定義がなかった時代でも世界各地にローカルなスーパーフードが存在していたことが近年の研究によって次々に明らかになっています。例えば古くから中国、朝鮮半島、そして日本で珍重されてきた高麗人参はスーパーフードの典型的な存在といえます。

スーパーフードのルーツは1980年代に遡ります。1980年代のアメリカやカナダで食事療法を研究する研究者や医師たちの間で、特定の有効成分が突出して高い食品のことをスーパーフードと呼ぶようになったのは始まりとされています。それから2000年の始め頃にアメリカでは食材の栄養を活かすための低温調理がブームになります。この低温料理には高い栄養価を含むスーパーフードが最適な存在で、スーパーフードブームに火が付きます。2004年にスーパーフード研究の第一人者である医師のスティーブン・プラット氏による著書【スーパーフード処方箋~あなたの人生を変える14の食品】の大ヒットでスーパーフードは一気にメジャーな存在となり、現在に至ります。

資格取得の手段

スーパーフードアドバイザーの資格は【日本安全食料料理協会】が発行、運営する認定資格です。資格取得の条件は同協会が定期的に実施する認定試験に合格することです。試験の申し込みは日本安全食料料理協会の公式HPから随時受け付けています。受験料は10,000円です。申し込み手続きを済ませると郵送で試験用紙が届きます。その試験用紙を使って自宅受験する形になります。期限までに答案用紙を返送すれば試験は完了です。合否の通知は約1ヶ月後になります。試験内容や試験日程の詳細は日本安全食料料理協会の公式HPに記載されています。資格取得に興味がある場合はまず公式HPをチェックしてみるといいでしょう。

スーパーフードアドバイザー認定資格の口コミ評判

スーパーフードはアメリカ発祥の栄養学ですが現在は日本でもかなりメジャーな存在です。アメリカでブームとなるスーパーフードはインターネットなどで話題となって日本でも例外なくブームとなり、日本でもかなり関心の高い存在といえます。スーパーフードアドバイザーの資格は健康や美容に関心が高く、生活にスーパーフードを本格的に取り入れたことがある人の間で注目される資格です。すでに調理師などの資格を持ち、飲食業界で働く人にとってもスーパーフードの知識はとても有用です。そのためスーパーフードアドバイザーの資格はプロの調理からも注目される存在です。プロの調理が自身のスキルをさらに伸ばすために取得をめざす例が多いようです。その場合でもスーパーフードアドバイザーの資格は資格取得のための講座を受講する必要はなく、試験にパスすればOKのため、忙しい社会人でも自分のペースで受験勉強ができるという点が高く評価されています。資格内容もプロの調理師が仕事で活かすのに十分な内容で、満足しているという評価が多いようです。スーパーフードアドバイザーの資格はプロだけでなく、普段の食事にスーパーフードを取り入れたいという人にも役立つ資格です。普段からスーパーフード積極的に生活に取り入れており、それなりに知識のある人が本格的に資格を取得して講師として活動したい、と考える人にもピッタリな資格です。
スーパーフードアドバイザーはこちら
以上のようにスーパーフードアドバイザーに資格は、スーパーフードに関心がある幅広い層に注目され、支持されている資格です。
スーパーフード  スーパーフード

関連記事

通信講座情報

スパイス

スパイス・調味料資格評判ランキング

スパイス・調味料資格評判ランキング 食の国際化や多様化が進む現在、スパイスや調味料への興味・注目は年々高まっていま…

ページ上部へ戻る