スープ資格人気ランキング

スープ

スープジャーなどの人気に伴って、スープそのものも人気になってきました。スープ専門店なども見かけます。スープは栄養がたっぷりで、身体も温まるし、満足感があるわりにカロリーは低く、水分を取ることができます。でも、スープを作るなんて億劫だし、いつも同じスープばかりになってしまう…。そんな方はスープの勉強をして資格を取ってみませんか?流行のスープバーや、スープを特徴にしたカフェなどの起業にも役立ちます。ここではスープに関する資格をランキング形式で見ていきましょう。

1位:スープマイスター

スープマイスターは、スープの歴史から始まり、スープを食べる時のマナーや食器に至るまで幅広い教養が必要になります。また、スープには欠かせない出汁やスープストック、ブイヨンやフォンの材料や、スープの作り方。日本の場合には汁物とお椀の関係、食器の種類や、使い分けの方法などに至るまで学んでいきます。教養だけではなく、スープの種類、スープの進化。世界各地にある美味しいスープを学びます。ヨーロッパのスープ、アジアのスープ、アメリカやオセアニアのスープの知識を身につけます。また、これらのスープに使われる材料やレシピを理解し、適切に提供していけるように求められます。資格取得後には、飲食業界はもちろん、インストラクターとして活躍することができます。

スープマイスターとして認定されることで、スープ料理の知識が本物であることの証明となりますので、就職はもちろんのこと独立する際にも非常に役立ちます。このような専門分野に特化した知識を持っておくことで、他の人には真似できないアイデアが出てきます。ぐっと印象に残すことができるので大きな差をつけることが可能です。

2位:健康スープアドバイザー

健康スープアドバイザーは、スープが持つ体に及ぼす効果について十分に理解し、求めに応じて適したスープを提案していけることを証明する資格です。スープの旨味であるアミノ酸や、コラーゲンを溶け込ませることで、身体に吸収しやすいタンパク質を作ることができます。このように、アンチエイジングに効果があるスープや、身体を作るスープ、免疫力を向上させるスープ、骨を強くするスープなどを提案していけるように学びます。スープの材料となる素材の栄養や、体内での吸収の仕組みについて勉強します。

また、これらのスープを美味しく作るための調理方法や、味付けの組み合わせなどを理解する必要があります。漢方の素材を組み合わせて、自分だけの薬膳スープを作ることもできます。スープに関する知識やスープを食べる時のマナーなど、スープに関する基礎知識をしっかりと身に付ける事ができます。そして、日本のスープレシピだけではなく、世界各国のスープを理解していることが証明されます。飲食業界はもちろんのこと、講師などでも活躍することができます。

3位:スープソムリエ

スープの歴史は長く、調理用の鍋が発明された時からスープの歴史が始まったと言われています。5世紀のローマ時代の遺跡から、スープのレシピ本まで見つかっています。日本の代表的なスープといえばお味噌汁ですね。外国には、おふくろの味と言われるスープがたくさんあります。アメリカではチキンスープ、ドイツではぐーらっしぇ、フランスではブイヤベース、イタリアではミネストローネ、スペインではガスパチョ。ウクライナのボルシチ、トルコのイリュケムベ、ブラジルのフェイジョアーダ、中国の酸辣湯、タイのトムヤムクンなどがあります。

スープソムリエは、世界中に数多くあるスープのことを幅広く学んだことを証明する資格です。日本はもちろん、世界にあるスープの歴史や文化、その地域で取れる食材などの教養を身につけます。スープの美味しさの根底にある素材の相乗効果について理解し、材料や調味料を組み合わせて様々なスープを提案していくことができるのがスープソムリエです。
スープ資格  スープ資格

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

SARA school JAPANの口コミ評判

SARA school JAPANについて ネイルデザイナーやインテリアデザイナーなど女性の皆さんにとってなりたい…

ページ上部へ戻る