トレーニングサポーター認定試験口コミ評判

筋トレ

トレーニングサポーターは通常のトレーニングの場合、知識のある人についてもらいトレーニングしたり、より効率的に筋肉を付ける道具を使ったりする場合を指します。この記事ではトレーニングサポーターという資格について詳しくご紹介いたします。

資格の内容

トレーニングサポーターとは、身体の様々な部位の筋肉について基礎知識があることを認定する資格です。しかしただ筋肉関する知識があるだけでは合格は厳しく、トレーニングに適した食事や自分の身体に合わせたプロテインの選び方、ストレッチや筋トレをダイエットとして活用する方法など幅広い知識も必要です。この資格を取得した後は正式にトレーニングサポーターと名乗ることができ、全国のジムや自宅でも講師活動することも可能です。

重宝されるトレーニングサポーター

体を鍛えて自分に磨きをかけるということは機械の力だけは現在は不可能です。男性はもちろん現在は若い女性も、熱心筋トレに取り組む方は年々上昇している傾向にあります。そんな初めて筋トレにチャレンジするという方も多い日本では、トレーニングサポーターというしっかりした知識を持っている方はとても重宝されます。筋トレが趣味の方は多いですが、それはあくまで趣味の範囲であって、自己流で開発した自分に合ったトレーニング法や食事をしているだけでは正式な場で人に指導するのは少し難しいです。トレーニングサポーターの需要はありますが、それはしっかりとした正しい知識があると証明された方の話です。自分ではない人の身体の状態を見てどのような方法でトレーニングを続けるべきか判断するのは素人の知識では厳しいもがあります。適切に自分の体を鍛えるためだけに筋トレを続けているのでしたら絶対必要ではありませんが、もし指導する立場になりたいという方は何かしらの証明できるものを所持するべきです。新卒や転職の就職活動でもアピールするポイントを増やすことができるため、資格を取るのはおすすめです。
トレーニングサポーターはこちら

試験申込や受験方法

トレーニングサポーターは「日本生活環境支援協会」という団体が主催しています。
この協会は他にも「パワーストーンスペシャリスト」や「ロジカルシンキングマスター」などの生活に関するスキルを中心とした内容の認定試験を開催しています。
協会のホームページで専用フォームからの申し込みのため、全国どこからでも受験申込みをすることができます。在宅受験になりますので、申し込みから受験、結果発表まで特定の場所へ行かなければならないということは一切ありません。日本生活環境支援協会が主催するすべての認定試験は全て在宅受験になりますので、忙しい社会人の方や主婦、学生など幅広い層から人気があります。
受講料は消費税込みで10,000円。70%以上の評価で合格となります。試験期間は5日間と自宅で落ち着いて取り組めます。解答を送り、合否が送られてくるのは1ヶ月後になります。試験の申し込み期間は1ヶ月、試験は二ヶ月に一回のペースで開催されているのでいつ勉強を始めても丁度良い時期に受けられるでしょう。
今まで筋トレを続けていたけれど、いざ試験を受けるとなると自分の今まで培ってきた知識が正しいのか不安になると思います。そのような力試しをする場として試験を受けるのもよいですが、折角受験するのでしたら一発合格を目指していただきたいです。筋トレに関する通信講座やスクールも多数ありますので、どうしても不安だったり何度も受験したくないという方はチェックしてみてください。

さいごに

トレーニングサポーターについてご紹介いたしました。取り組んでいる人口が多い物事の一つですが、意外と正しい知識で筋トレしている人は全体で見ると少ないです。自分に合ったトレーニング法を見つけるのは難しく試行錯誤が多いと思いますが、もしこれから筋トレをはじめたいという方や、自分の筋トレ方が適切か確認したい方は是非一度挑戦してみてください。
筋トレ  筋トレ

関連記事

通信講座情報

コールドソープ

ハンドメイドの人気“新”ジャンル「手作り石鹸インストラクター」 口コミ評判

「手作り石鹸」とは、注目を集めるハンドメイドソープのことです。 既製品でもハンドメイド仕様は人気がありますね。 広く販売している…

ページ上部へ戻る