ピラティス資格人気ランキング

ピラティス

心と体を同時に活用して行われるピラティスのことをある程度知っている人は一定数いるのですが、より深い知識を持っている人は、ピラティスの魅力を人に伝えたり、資格を取得して仕事に活かしたりすることが可能です。ピラティスのプロを認定する資格はいくつか種類がありますので、どの資格が自分に適しているのか、しっかりと比較しながら取得する資格を決める必要があります。

1位 ピラティスセラピーアドバイザー

ピラティスセラピーアドバイザーは日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定する資格です。認定試験を受験し、合格することで入手できる資格なのですが、資格を取得している方はピラティスセラピーアドバイザーを名乗りながらピラティスに関する知識を多く持っていることをアピールすることができます。

ピラティスセラピーアドバイザーに求められている知識はいくつかあり、睡眠や正しい姿勢、どのような点に注意しながら生活を送るべきなのかなどを知っておく必要があります。ピラティスセラピーアドバイザー認定試験は受験資格が設けられていませんので、誰でもすぐ申込みをすることが可能です。また、受験の申し込みはインターネットで行うことができますのでスマートフォンなどを用いて気軽に応募できます。ピラティスセラピーアドバイザー認定試験に合格するためには、7割以上の評価を得る必要がありますので、予習をきちんとしておきましょう。

2位 ピラティスエクササイズインストラクター

日本インストラクター技術協会が認定するピラティスエクササイズインストラクターの資格は、ピラティスエクササイズインストラクターに必要とされている知識を、きちんと持っていると認定してもらうことができます。ピラティスを行うことでどのような効果が得られるのかや、屈曲などの働きについて理解しているピラティスエクササイズインストラクターは、たくさんの人に技術を伝授しながら収入を得ることができるため、大きな魅力がある資格です。ピラティスエクササイズインストラクター認定試験は受験資格がありませんので、誰でも申し込みをすることが可能です。また、受験するために外出する必要がない在宅受験形式を導入しています。試験に合格するためには、70%以上の評価を得る必要がありますので、注意が必要です。

3位 ピラティスマットインストラクター

ピラティスマットインストラクターは、アメリカでもっとも大きいピラティス教育団体として認知されているBASIピラティスが行っている指導者養成コースを受講し、試験に合格することで資格を取得することが可能です。資格取得用に用意されているコースは2種類あり、自分の受講しやすい日程を選ぶことができます。呼吸法やピラティスの歴史を学びながらレッスン見学などをすることができますので、知識を得ながらどのように指導すればいいのかを学ぶことができるでしょう。資格を取得するために必要な試験は筆記と実技があり、7割以上の評価を獲得できれば合格となります。もし、不合格になってしまった場合でも、1度目の再試験は無料で受験可能です。

4位 ピラティスマシンインストラクター

ピラティスマシンインストラクターは、BASIピラティスが認定する資格です。ピラティスマシンインストラクターの資格は、BASIピラティスマットコースを修了している方などを対象としていますので、一定以上の知識と技術を持っていなければ合格することはできません。ピラティスマシンインストラクターの資格を取得するためには、BASIピラティスが行っているコースを受講し、試験に合格するひつようがあります。BASIピラティスでは、マットエクササイズの復習やスポーツ選手などの集団への指導法などを学ぶことができますので、安心して試験に臨むことができるでしょう。試験に合格するためには、筆記や実技の他、レポートを提出し、最終資格評価テストに合格しなければいけません。

5位 IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター

IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクターは、基礎的なピラティスエクササイズやインストラクションを取得し、講師活動ができるようになる資格です。これまでたくさんのレッスンを経験してきたベテランの講師が丁寧に教えてくれますし、高い効果が期待できるアジャスト方法を学ぶことができますので、参加して損をすることはありません。IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクターコースは、少人数で行われていますので、わからないことがあれば、気軽に講師へ質問することが可能です。また、IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクターコース終了後は姉妹店を利用してインターンシップに参加することができますので、実際にお客様を相手にレッスンをすることができます。

まとめ

ピラティスに興味を持っている人はたくさんいるのですが、好きなことを仕事にするためには、資格が必要となります。資格を比較しながら自分に合う資格を取得し、ピラティスの専門家を目指しましょう。
ピラティス資格  ピラティス資格

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

日本インストラクター技術協会の口コミ評判

日本インストラクター技術協会とは? スクールビジネスは近年活況で、昔からパソコンや英語などが有名でしたが、  最…

ページ上部へ戻る