ファッションデザイン・デザイナー資格評判ランキング

ファッション

ファッションデザイン・デザイナー資格評判ランキング

デザイナーの仕事というのは多くの人々の憧れです。かっこいい服をデザインしたい、かわいい服をプロデュースしたい。多く方々が子どもの頃に、一度は夢見た仕事なのではないでしょうか。そんな憧れのファッションデザイン・デザイナーになれる、またはデザイン関連の仕事に役立つ資格についてご紹介します。

1位  ファッションデザイナー資格

理由:一流のファッションデザイナーを目指すならコレです。日本デザインプランナー協会が認定する資格で、ファッションの名称や形、機能面やデザイン等の知識を持ち合わせた人へ与えられる資格です。取得後は、各種デザイン関係や服飾関係に大変広く需要があります。資格試験も2か月に一度、在宅での受験ができるので、仕事や学業で時間の都合で、試験の時間に合わせづらいという方でも、十分に取得が可能です。最も人気でおすすめの資格です。
ファッションデザイナー資格認定試験

2位  服飾インストラクター資格

理由:日本インストラクター協会主催の資格で、色使いや着こなし方、デザインなどの服飾に関して、一定レベルの知識を有した人に認定される資格です。在宅で受験できる資格認定試験に合格すれば取得でき、さらに取得後は講師活動ができるインストラクター資格であるというのが、最大の魅力です。資格試験に向けた勉強は、独学でも学ぶことはできますが、協会指定の認定校にて、正しい知識を教えてもらい、身に着けた方が格段に近道といえます。
服飾インストラクター資格認定試験

3位  パーソナルカラー検定資格

理由:パーソナルカラー理論を色彩学に基づいた「色の属性による効果」としてはじめて理論化したNPO日本パーソナルカラー協会が主催する検定試験です。実際に色を見分ける実力があるかどうかを見極める試験内容となっています。色を活用した仕事で、色を見極める力があるということを証明して、活動していきたい人に向けた資格です。

4位  カラーコーディネーター検定資格

理由:「仕事に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる検定試験」ということで、東京商工会議所検定試験センターが検定を行っています。色彩に関する専門的な知識を身に付けることでキャリアアップにつなげたい方、企業で企画制作やデザインの専門部署にいる方などの仕事の助けになる検定資格です。デザイナーにとって色彩知識は重要でので、取っておいて損はない資格です。

5位  ファッションビジネス能力検定試験

理由:一般財団法人日本ファッション教育振興協会が全国で行っている検定試験で、2・3級ではファッションビジネス知識やファッション造形知識、1級ではマーケティング戦略、マーチャンダイジング戦略なども問われる、ファッションビジネス就業者が力試しに行うのに適した資格といえます。

6位  色彩検定資格

理由:色彩検定協会が行う「色」の検定試験で、色彩活用能力を証明するものです。、インテリア、ファッション、グラフィック等のいわゆるデザイナーと呼ばれる人達のみならず、販売、企画、事務といった一般的な職種の人達まで広く受け入れられている資格なので、取っておいても損はありませんが、直結して特定の職業に結びつく資格ではないので、取得の優先順位はあまり高くはありません。

ファッションデザイナー  ファッションデザイナー

関連記事

通信講座情報

建築模型

建築模型住宅模型資格口コミ評判

建築模型住宅模型資格口コミ評判 建築好きの方は美術館や展示会場で建築模型を見た事があるのではないでしょうか? 建…

ページ上部へ戻る