フレンチ資格人気ランキング

フレンチ

フレンチを作ることができる家政婦さんのレシピ本が人気になりました。家庭でもフレンチが作れる、日常的に出てくるなんて素敵ですね。ポトフなどのフランスの家庭料理も良いのですが、本格的なフレンチが作れたら良いなと思いませんか。でも、フレンチなんて難しそうだし…と言う方は、資格取得を目指して、基本からしっかりとフレンチについて学んでみてはいかがでしょうか。ここではフレンチに関する資格をランキング形式で集めてみました。

1位:フレンチソムリエ

フレンチソムリエは食文化としてのフランス料理全般の知識を持ち、適切な提案ができる資格です。フランス料理の調理技法や料理について学びます。食材だけではなく、調理法やそれに使用される専用の調理器具などの知識と技能が必要になります。ソースだけでも、マデラ、ヴァン・ルージュ、ペリグー、オランデーズ、ロックフォール、ヴァン・ブラン、ブルーテ、アルマンド、モルネー、ベシャメル、アンショワイヤード、ピスト、ビガラード、ブールノワゼット、ディアブル、ベアルネーズ、エピナ、タプナード、ヴィネグレットなど、多くの種類があります。それぞれのソースにあう食材があり、調理法があります。フレンチソムリエは、これらのソースや料理の知識に加え、飲み物との組み合わせまでを考えて提案していきます。

2位:フランス料理インストラクター

フランス料理となると、ハードルが高いものですが、スーパーで手に入る食材を使って家庭で挑戦できるメニューも少なくありません。クリスマスや誕生日など、特別な日にフランス料理を楽しんだりと、普段からフランス料理を生活に取り入れていけるようになる資格です。卵のとき方、バターの扱い方、塩をふるタイミング、肉や魚の切り方など、他の料理でも行っているようなことでも、フランス料理になるとちょっとしたコツがあったりします。フランス料理インストラクターはこのようなフランス料理を作るときの基本のテクニックを習得し、適切に提案していける資格です。

3位:フレンチ薬膳ビューティーアドバイザー

国際薬膳調理師の系列の資格になります。中医学の知識を取り入れた、身体に良い薬膳料理を、美味しくて綺麗なフレンチで楽しむことができる資格です。味だけではなく、目で楽しみ、身体にも、美容にも良いフレンチ薬膳を学びます。アンチエイジング、ダイエット、便秘など、女性なら誰でも気になる悩みに、フレンチ薬膳で効果的に楽しみながら対処していきます。毎日の食事を美味しく、目で見て楽しみながら、今よりももっとキレイを目指します。

フレンチの歴史は、古くはローマ時代にさかのぼります。フレンチはイタリアから嫁いできたカトリーヌドメディチがもたらしたと言われています。ナイフとフォークで食事をするスタイルが取り入れられたのもこの頃です。今では世界三大料理の一つとなり、高度に洗練された調理法が知られています。

フレンチのコースの例としては、アペリティフ(食前酒)食欲を増進させるお酒を出します。甘いものや、強いリキュールを少しだけ、といったものが多いです。次に、アミューズブーシェ一口のお楽しみ、という名前のアミューズブーシェ。前菜のさらに前の軽い一品を出します。そして、オードブル(アントレ)軽い料理が中心となる前菜で、胃腸を整えるような塩味や酸味のある料理が多いようです。メインを作る時間を過ごすものでもあるので、すぐに出せるようなテリーヌ、パテ、サラダなどの柔らかく冷たい料理が多いです。

スープ・サラダは省略されることもあります。また、メイン料理の合間に出されることもあります。プラ(メイン料理)ポワソン、メインとなる魚料理を出し、ソルベ、口直しの冷菓子、プラ(メイン料理)ヴィヤンド、メインとなる肉料理を出します。最後に、フロマージュです。食後のお楽しみとなるチーズです。食事とは別の部屋で提供されることもあります。
フレンチ資格  フレンチ資格

関連記事

通信講座情報

tea

紅茶アドバイザー認定試験の口コミ評判

紅茶ブームの予感 アメリカなどでは食後に飲まれる飲み物としては、コーヒーが主流ですが、  イギリスでは紅茶が主流なの…

ページ上部へ戻る