ベランダ菜園資格人気ランキング

ベランダ菜園

家庭菜園というと、広いお庭がないと無理と思われている方もいるのではないでしょうか?しかし、広いお庭がなくてもマンションのベランダでも、ちょっとしたスペースでも野菜や植物は育てられますよ。

丁寧な暮らし方への意識や、ヘルシー志向が高まる中、ご自分で手間ひまをかけて野菜を作る方も増えています。

無農薬の野菜や、健康に良い新種の野菜、美しい植物などなど、育てるものも多岐にわたります。趣味としてはもちろんのこと、ベランダ菜園について学び資格を取得すれば、アドバイザーとして人に教えることもできるようになりますよ。

資格を持つことで、趣味だったベランダ菜園も、仕事や地域活動へと活躍の場が広がりそうですね。

【1位】ベランダ菜園アドバイザー

ベランダ菜園アドバイザーとは、日本生活環境支援協会(JLESA)認定の民間資格です。ベランダ菜園アドバイザーの資格は、その名の通りベランダでの植物や野菜の育て方に関する基礎知識と技術、および植物や野菜をしっかりと管理できる方に認定される資格。また、そのノウハウを確実に人に伝えられるアドバイス力が認められる必要があります。

この資格を取得することで、趣味であったベランダ菜園を仕事へと広げていくこともできそうですね。人気の理由は様々ありますが、ご家庭の菜園作りに役立つのは言うまでもなく、高いベランダ菜園の技術や知識を持っていることで、知人やご近所の人とのコミュニケーションのきっかけにもなります。高齢化・核家族化が進む現代で、地域とのつながりを持てることも魅力なのでは?

受験資格:特になし

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

日本生活環境支援協会:
ベランダ菜園アドバイザーはこちら

【2位】家庭菜園インストラクター

家庭菜園インストラクターとは、日本インストラクター協会(JIA)主催の民間資格です。

植物や野菜の育て方の基礎知識や、植物や野菜の種類を完璧にマスターして、それぞれの植物に合った環境で育てることができる方に認定される資格です。また、育てるだけ手でなく、枯らさずに「良い状態」で仕上げる技術と知識も求められます。

この資格を取得することで、家庭菜園に必要な基礎知識はマスターできるので、これから家庭菜園・ベランダ菜園に挑戦してみたいとお考えの方にもおすすめの資格ですよ。

受験資格:特になし

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

日本インストラクター協会:家庭菜園インストラクターはこちら

【3位】美味安全・野菜栽培士

美味安全・野菜栽培士とは、日本園芸協会主催の民間資格です。ご家庭で安全で美味しい野菜を作りたいとお考えの方にピッタリな資格。一定のカリキュラムの通信講座を受けると、終了時にスペシャリストの証明となる美味安全野菜栽培士の資格が取得できます。

この資格の魅力は野菜を育てる技術や知識のほかに、収穫後の野菜の活用方法まで身に付く点です。自分で育てた野菜で料理を楽しみたい主婦の方にもおすすめです。

講座名:野菜づくり講座

費用:43.000円(消費税抜き)

学習期間:6カ月

日本園芸協会:http://www.happy-semi.com/yasai/

【4位】家庭菜園検定

家庭菜園検定とは、野菜の原産地や育て方の特性など、野菜に関する基本的な知識・栽培方法を問う一般社団法人 家の光協会主催の人気の検定試験。平成26年から休止しているので再開が待たれます。

検定を受けられなくても古い検定テキストなど手に入るなら家庭菜園に役立ちそうです。

ベランダ菜園  ベランダ菜園

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

POPライターインストラクター認定試験の口コミ評判

小売業のけん引役であるPOP つい少し前までは不況とあえいでおりました日本企業ですが、  ここ最近は円安なども背景に…

ページ上部へ戻る