ホームページWEBデザイナー認定試験の口コミ評判

通信教育通信講座

ホームページの作成方法の種類

情報化社会が年々加速進んでおり、インターネットは人間生活で欠かせない技術となっております。
 インターネットはパソコンだけでなく、スマホからや、テレビからでもアクセスでき、
 近い将来は冷蔵庫や電子レンジなど家電全てが繋がる世界が訪れようとしております。
 では、皆さんが閲覧しているホームページはどの様な技術で構成されているかご存知でしょうか?
 それはHTMLやCSSといったプログラミング言語によって作成されております。
 また、JavaScriptというものを用いて、動きのあるアニメーションなどを表現していたりします。
 これらの内容は1から作成してホームページを作成することも可能ですが、
 今はそれらがある程度テンプレートとして用意されているものに対して、
 中身を埋めていくことで見栄えの良いサイトを作成するものも用意されております。
 しかし、それだけではホームページは作成できても、皆が使いたいというサイトはできません。
 では、どうすればいいのでしょうか?
 それは、ホームページをデザインするという事です。
 ホームページをただ作成したり、テンプレートなどの既存の仕組みを使って作成しても、
 デザインが行えないと決して良いホームページを作成することはできません。
 そのため、この技術を身に着けることが、これからの時代求められる技術の一つなのです。
 それらを専門とするデザイナーをホームページWEBデザイナーと呼びます。

ホームページWEBデザイナー認定試験とは?

ホームページWEBデザイナー認定試験とは、上記の様なホームページをデザインするための
 ホームページWEBデザイナーの技術を評価するための試験となります。
 出題される内容としては、HTMLを用いてどの様に画像を表示したり、
 複雑な構造のテーブル構造やフォームの作成方法、入力項目の作成方法などは当然問われます。
 また、CSSにてレイアウトをどうすれば見栄えよく設定が行えるかや、
 色彩やフォントなどの指定方法など様々なデザインに関する知識が問われます。

受験方法について

この資格は、自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本デザインプランナー協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこからホームページWEBデザイナー認定試験のページリンクにアクセスします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

ホームページWEBデザイナー認定試験の口コミと評判

ホームページWEBデザイナー認定試験を受験された方は、
 「WEB系は最近注目され、同じ様なレベルの人が多数増えてきました。
  この資格を取得するを機に、周りより一つ上のグレードに行けた様な気がします。」
 「資格を持っているという事でホームページの改変も行えるという事が履歴書で伝わるので、
  就職試験を受ける際に有利に働いたと思います。」
 との事でした。

関連記事

通信講座情報

tea

紅茶資格評判ランキング

紅茶資格評判ランキング 古くから世界のあらゆるところで飲まれ、愛されてきた紅茶について、もっと専門的な知識をつけた…

ページ上部へ戻る