メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験の口コミ評判

mental

2015年12月より新しく追加された制度

2015年12月より従業員が50人以上の企業に対して、新たに義務付けされた制度が存在します。
 それは心の健康診断ことストレスチェック制度です。
 50人未満の企業に対しては努力義務として定められておりますが、
 50人以上の企業にとっては完全に義務化されており、これは産業医が選任が義務づけ
 られているのと同じ規模となります。
 ストレスチェックの内容としては、メンタルヘルスの不調がないかどうかを予防してもらうセルフケアや、
 従業員のストレスレベルを企業が把握し、必要に応じて企業に改善活動を求めるのが内容となっております。
 また、従業員が不調を求めた場合には、場合によってはカウンセラーなどが
 面接などによりケアをしていくということも行っていきます。
 この背景としては、長時間労働やプレッシャーのかかる案件など、
 今まで以上に精神に負担をかける場面が多くなった企業活動の中で、
 肉体的には大丈夫であっても精神的に参ってしまう人が多くなった事が
 法令を作らないといけないと国が判断した事からという背景があります。

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験とは?

そのため、メンタルのヘルスケアに関する人材を企業は今まで以上に求めております。
 しかしながら、体をケガしているという分かりやすい内容であれば良いのですが、
 現代医学においてもまだまだ解明が行われていない精神世界に関する事について、
 高度な知識を有している人はまだまだ少ないのが現状です。
 この様な背景を元に、少しでも精神ケアを行える人材を増やすことを目的に
 セラピストを多く育成するのに貢献している団体である日本アロマメディカル心理セラピー協会は、
 メンタル心理ヘルスカウンセラーという資格制度を設けております。
 これは、心理学の知識や様々なストレスなどから起きる症状に関する知識や、
 症状別における対処方法を理解しており、カウンセリングなどカウンセラーとして高度に知識を
 有しているかどうかを判断するための資格となっております。
 先ほど説明した様に企業ではカウンセリングを行える人材を集めるのが急務となっておりますので、
 あらゆる企業で注目を浴びている資格となっております。メンタル心理資格

受験方法について

この資格は、それらの職業に従事している人でなくても知識さえ保有していれば受験が可能です。
また、ご自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本アロマメディカル心理セラピー協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこからメンタル心理ヘルスカウンセラーのページリンクにアクセスします。
リンク先には募集要項、試験内容に加え、試験実施日に関する記載があります。
確認行えましたら、申し込みのページに遷移するためのリンクへアクセスします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験の口コミと評判

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験を受験された方は、
 「
 メンタルヘルスについて知識を深めたいため、この資格を受験しました。
 今後はストレスに悩んでいる人に少しでも力になれる様に頑張りたいと思います。
 」
 との事でした。

メンタル心理  メンタル心理

関連記事

通信講座情報

手紙の書き方

手紙・文章ライター口コミ評判

みなさんは誰かに代わって手紙を書いた経験がありますか? 手紙でもメールでも、文章の上手なひとに内容を書いてもらい、縁をとりもってもらっ…

ページ上部へ戻る