ヨーグルト食品アドバイザー口コミ評判

ヨーグルト

ヨーグルト食品アドバイザーの資格はヨーグルトの知識に関する資格です。ヨーグルトは多種多様な発酵食品の中でも世界的にメジャーな存在で、日本でもお馴染みの存在です。資格取得すればヨーグルトに関して一定の造詣があるという証明になり、自身の食生活にヨーグルトを効果的に活用できることはもちろん、ヨーグルトに関する講師活動も可能になります。

ヨーグルトの乳酸菌は250種類以上!

ヨーグルトと一口に言ってもその種類は豊富です。ヨーグルトの種類の決定づける要素はズバリ、乳酸菌の違いです。ヨーグルトは乳酸菌の違いによってそれぞれの栄養作用などの個性が決定づけられます。乳酸菌とは、微生物の一種で、牛乳を発酵させてヨーグルトを作り上げる役割もあります。具体的には、牛乳に乳酸菌を入れて混ぜ、繁殖しやすい温度条件などを満たした状態で寝かせておけば自然と発酵が進み、ヨーグルトになります。ヨーグルトに用いられる乳酸菌の数は250種類以上もあります。1種類のヨーグルトには複数の種類の乳酸菌が入っているため、その組み合わせは無数に存在します。現在、世界中で商品化されているヨーグルトはなんと7000種類以上もあり、それぞれに微妙に異なった栄養作用が期待できます。例えば日本で販売しているヨーグルトのほとんどはブルガリア菌とサーモフィラス菌が配合されています。この2つの乳酸菌はビタミン豊富で整腸作用に優れるため、一般的に想像するヨーグルトの栄養作用を手堅く抑えた組み合わせといえます。それぞれのヨーグルトの栄養効果はパッケージに記載されていますが、その効果は一日200g程度食べ、それを10日間くらい続けると、効果が表れ始めるといわれています。そのヨーグルトの効果が出るかどうかは個人の体質にもよるため、自分に合ったヨーグルトを見つけることが第一です。

ヨーグルト食品アドバイザー資格の取得条件

ヨーグルト食品アドバイザーの資格は【日本生活環境支援協会】が発行、運営している認定資格です。資格取得の条件は同協会が定期的に実施している認定試験に合格することです。申し込みの受付は日本生活環境支援協会の公式HPにヨーグルト食品アドバイザー資格の専用ページがあり、そこから随時受け付けています。試験の詳細や試験日程も併せて記載されています。受験料は10,000円です。

公式HPから申し込み手続きをすると郵送で試験用紙が届きます。その試験用紙を使って在宅受験する形になります。期限までに答案用紙を返送すれば試験は完了です。合否の通知は約1ヶ月後です。試験の詳細や申し込みは全て公式HPに記載されているため、資格取得を目指す場合はまず公式HPに目を通しましょう。

ヨーグルト食品アドバイザー資格の口コミ評判

ヨーグルト食品アドバイザーの資格はヨーグルトに関しての全般的な知識が身につく内容となっているため、健康食品としてヨーグルトを注目している人に最適の資格です。ヨーグルトには様々な健康作用があり、商品によって効果は微妙に異なります。そしてそのヨーグルト自身の体質に合うかどうかも大切なポイントです。そういった事情から、本当に自分に合ったヨーグルトを探し求めると必然的に自家製という選択肢が見えてきます。ヨーグルト食品アドバイザーの資格ならヨーグルトの乳酸菌の知識や発酵の仕組みまで理解できるため、ヨーグルトの自作をしたいという人に最適な内容です。資格取得希望者の多くはヨーグルト好きが高じて、知識の掘り下げのために取得を目指すという人です。実際に資格取得後に自家製ヨーグルトを何種類も作ったという人も多く、資格内容に満足しているという意見が目立ちます。資格取得後に自作のヨーグルトを作った人の中にはその経験を活かして講師活動を始めた人も多いようです。昨今は健康食品ブームで発酵食品の驚異的な栄養効果に注目が集まっています。特にヨーグルトは250種類以上の乳酸菌で構成されており、その種類は豊富で、調べれば調べるほど奥の深い発酵食品なのです。そのためヨーグルトに造詣が深く、講師として活動できる人材の需要が高まっています。
ヨーグルト食品アドバイザーはこちら
以上のことからヨーグルト食品アドバイザーの資格は自身のためだけでなく、講師活動で幅広い活躍が期待できることから、注目度が上がっている人気の資格です。
ヨーグルト  ヨーグルト

関連記事

通信講座情報

食育

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育健康アドバイザー認定試験の口コミと評判をまとめてご紹介します。食育は食べる事を通じて健康に関する知識や知能を育てる分野として近年益々注目…

ページ上部へ戻る