ライフ環境アドバイザー認定試験の口コミ評判

通信教育通信講座

急速に加速する高齢化社会

高齢化社会が想像以上に加速して進んでしております。
 背景には、日本人が子供を産む人数がどんどん減ってきており、
 さらに寿命に関してはどんどん増えてきており、
 70歳を過ぎても生きている人は今までに比べて多くなってきているのに、
 それを支える現役世代の人数が増えないためです。
 そのため、日本の65歳以上の人口は1600万人を超えており、
 これは約13%を占め10人に1人~2人は65歳の人という計算になります。
 逆にそれに目をつけ、高齢化を迎えた人をターゲットにしたビジネスが加速しております。
 アメリカの日本でいう日立や東芝に当たる有名な企業であるGE[Geleral Electric]社は、
 世界の先進国の中で一番高齢化社会を迎えている日本に注目し、
 て先進医療システムの開発拠点を日本に設置しております。
 また、高度な医療機器や知識に加え高いサービスを保持していることから、
 人間ドックなどを日本に受けにくるというケースが徐々に広まりつつあります。
 また、介護施設に関しても、日本に入所しにくるという人も増えつつあります。
 これらの様に日本の高齢化社会に関するビジネスモデルも同じ様に急速に伸びつつあります。

ライフ環境アドバイザー認定試験とは?

この様に高齢化社会が進んでいく中で、緊急時などの様な部分については、
 色々なサービスや研究などが進んでおりますが、
 日常生活に関するサービスに関してはまだまだ手薄な状態が続いております。
 確かに病気などに関しては、施設や薬、治療方法などを確立するなどの目に見える
 何かを作成することによりサービスを提供する形となりますが、
 日常生活ではどのようにして生活していくかなどの知識ベースな内容であったり、
 生活の些細な内容に関する改善などのミクロな視点が必要となるため、
 なかなかサービスの成長が続かない内容であります。
 そのため、これらの高齢化社会に関する住生活改善を図るために、
 日本生活環境支援協会という日本の生活に関する改善を図るために設立された団体では、
 ライフ環境アドバイザー認定試験という資格を設立しております。
 これは、高齢者や障害のある方などを含めた多くの人が快適に生活できる様に環境を
 アドバイスできる人を認定するための試験となります。
 出題内容としては、住宅に関して高齢者やハンディキャップを持った方が生活するために
 どの様な改善をできるかということや、福祉用具や諸施設や施策情報などをアドバイスできるか
 どうかなど幅広い知識について出題されます。

受験方法について

この資格は、これらに関する職業に従事している人でなくても、知識さえ保有していれば受験が可能です。
また、ご自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本生活環境支援協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこからライフ環境アドバイザー認定試験のページリンクにアクセスします。
リンク先には募集要項、試験内容に加え、試験実施日に関する記載があります。
確認行えましたら、申し込みのページに遷移するためのボタンをクリックします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

ライフ環境アドバイザー認定試験の口コミと評判

ライフ環境アドバイザー認定試験を受験された方は、
 「
 自宅介護などを補助するための知識を確認するため受験しました。
 自分の知識が評価できるレベルだと確認できて安心しました。
 」
 との事でした。

関連記事

通信講座情報

ongaku

音楽療法インストラクター認定試験の口コミ評判

ストレスが多い現代世界での癒しを求めて 働けど働けど給与水準は一向に改善せず、物価は上昇するばかりです。  宝くじな…

ページ上部へ戻る