ワインコンシェルジュ認定試験の口コミ評判

wine

年々高まるワインブーム

外食産業が非常に活発化しております。
 そうすれば自然とお酒の消費量も増えてきます。
 その中でワインブームは年々と拡大しております。
 昔は高級レストランにしか見る事が無かったワインですが、
 居酒屋や大衆レストランにもただ置いているというだけでなく、
 何種類ものワインが置いてあったりなどレパートリーは増えております。
 ワインに関する知識は色々な箇所で求められておりますが、
 ソムリエなどの本当にワインを専門とする職種は高級レストランなどが就職先となるため、
 その様な人材を企業が手に入れるのは困難であり、調達コストも高くなるため
 企業側との思惑と必ずしも一致しません。
 そのため、ソムリエほどではないにしてもワインに関する知識を
 保有している人材が必要となってきているのですが、なかなかいないのが現状です。
ワイン資格

ワインコンシェルジュ認定試験とは?

そこで、ワインに関する基礎知識を持った人材を安定的に市場に輩出できるように
 日本安全食料料理協会という日本を代表する食に関する団体では、
 ワインコンシェルジュ認定試験という資格を設置しております。
 これは、ブドウの品種ごとに異なる味などの特徴や、世界各国のワインに関する事情など、
 ワインに対する基礎的な知識を保有している人を認定するための資格となっております。
 その為、ワインに関する基礎的知識を持っていることがこの資格により評価することができるので、
 企業側にとって非常に分かり易い試験となっておりますので、
 これを取得しようとしている人が年々高まっている資格となっております。

受験方法について

この資格は、自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本安全食料料理協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこからワインコンシェルジュ認定試験のページリンクにアクセスします。
リンク先には募集要項、試験内容に加え、試験実施日に関する記載があります。
確認行えましたら、申し込みのページに遷移するためのリンクへアクセスします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

ワインコンシェルジュ認定試験の口コミと評判

ワインコンシェルジュ認定試験を受験された方は、
 「ワインについて知りたいと思いながらもどの様に勉強すれば良いのか当初は分かりませんでした。
 ネットなどで調べていると、ワインコンシェルジュ認定試験という資格が存在する事を知り、
 この資格を目指して勉強を行いました。
 通信教育で用いたテキストが分かり易かったということもあり、
 ワインについて知識を蓄えていくことができました。
 また資格の内容に沿った内容に理解していくことで、実務においてもその内容を思い出したり、
 また資格習得後に見直す場面があったりと、実践的な内容であると思っています。
 資格を取得した後も有効に使えるというメリットがあるので、この試験を受けて良かったと思います。
 」
 との事でした。

ワイン・ソムリエ  ワイン・ソムリエ

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

住まいの総合資格、住まいアドバイザー

住まいの総合資格、住まいアドバイザー 家を建築する時に悩むのが「どのような家を建てるのが良いか?」だと思います。一括りに家と言っても、洋風…

ページ上部へ戻る