ワイン資格評判ランキング

wine

ワイン資格評判ランキング

ワインは最も多くの地域で飲用されているアルコール飲料の一つであり、その風格の高さ、芳醇な香り、気品の高さから、世界中に愛好家がいます。近年、日本国内でも消費量は過去最高となり、ワインブームが訪れています。高級レストランのみならず、カフェや居酒屋などでも多く普及しているワインについて、深い知識と技術をもった人は飲食業界の各方面で求められています。専門的に学びたい人、仕事に活かしたい人に必見のワイン資格をご紹介します。

1位  ワインコンシェルジュ資格

理由:ブドウの品種ごとに異なる特徴や、世界各国のワイン事情など、ワインに対する基本的な情報をマスターした人に認定されます。酒類製造および販売業、流通業、各種飲食サービス業など、様々な分野で活躍できます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。資格認定試験は在宅で受けられることと、正答率70%以上で合格できることも魅力で、人気の資格です。
ワインコンシェルジュ資格認定試験

2位  ソムリエインストラクター資格

理由:様々な品種のワインから、最適な種類のワインを料理に合わせ、お客に提供するソムリエインストラクターの資格です。ソムリエには高い識別能力が求められるのはもちろん、ワインの仕入れ、保管なども担当します。この資格はソムリエの実務に則して幅広く網羅しているので、実践で活かせます。資格取得後、個人的にワインを楽しむだけでなく、講師として多く人に知識を伝えていけるのも、この資格の魅力です。
ソムリエインストラクター資格認定試験

3位  ワインエキスパート資格

理由:ワインの品質判定に的確な見識を持つ人に与えられる認定資格です。他のワイン系の試験は飲食店などに実際に勤めた経験がないと受験できないものもあるのに対し、こちらの資格は20歳以上であれば、だれでも受験できます。それでいて合格すれば、実務経験を必要とする資格と比べても遜色なく、深い知識を有することを証明できる資格です。

4位  ワインアドバイザー資格

理由:酒類製造および販売、コンサルタントなどの流通業、もしくは飲食に関する専門学校などの教育機関における講師の業務などの経験があるか、その業種に現在も従事している方しか試験を受けることができないので、初学者には難しい資格ですが、本格的にワインについて学んで認定されたという証になります。試験は1次と2次にわかれていて、難問も出題されます。ワインエキスパートやソムリエの試験と試験範囲が近いこともあるので、他資格を受験した経験のある方は有利です。

5位  ワインコーディネーター資格

理由:全日本ソムリエ連盟(ANSA)が認定する資格で、ワインの基礎からサービス方法にいたるまで、適切な知識と技術があると認められた人がなれます。資格取得には、ANSAが主催しているプログラムを受講して、その後に認定試験を受けることになりますが、約3か月間の通信教育のコースや、全講義をDVDを見て学習する在宅受講や、直接会場にて講義を受ける会場受講などを選ぶことができます。通信教育のコースでは、試験が免除されます。

ワイン・ソムリエ  ワイン・ソムリエ

関連記事

通信講座情報

インテリア

インテリア資格評判ランキング

インテリア資格評判ランキング 人気のインテリア業界に就職・転職を考えている人におすすめの資格です。安全で快適な空間…

ページ上部へ戻る