中華料理資格人気ランキング

中華料理資格

世界三大料理の一つ、中華料理。中華と言っても、地域によって料理が異なったり、素材や味付けによって実に多様な料理があります。普段の献立作りがマンネリになってしまうような人でも、中華料理の知識があれば、家にある材料だけで様々な料理を作ることができるようになります。また、中華料理は薬食同源。体調や体作りに合わせた料理というのもあります。中華料理を学んで、豊かな食文化を取り入れられたら良いですね。どうせなら、しっかりと基礎から学んで、資格取得を目指してみましょう。ここでは中華料理に関する資格をランキング形式で集めてみました。

1位:中華料理ソムリエ

中華料理ソムリエは、地域によって全く異なる特徴を持つ中華料理について、体系的に理解し、その背景にある文化や地域性、民族などの教養を持ち、適切な料理を提案していける資格です。また、中華料理は加熱方法で料理が決まります。このような調理法の技術の違いが、料理に対してどのような変化をもたらしていくのかを理解する必要があります。

また、中華料理ソムリエは料理だけではなく、中国茶や中国酒の知識を有し、食事の前後も含めて、飲み物から提案します。また、中華料理をいただく時のマナーや、中国での食卓における習慣や作法などについても学びます。中華料理ソムリエを取得することで、飲食店のアドバイザーや、カルチャースクールの講師、自宅でのサロン活動などができます。

2位:中華料理調理インストラクター

中華料理調理インストラクターは、たくさんある中華料理の調理の仕方や、調理器具に十分な知識を持ち、技能があることを証明してくれる資格です。中華料理の調理器具は、料理の多様さからは想像がつかないほど種類が少ないです。これは、1つの調理器具で様々な使い方をするからです。中華鍋1つでも、炒める、揚げる、煮込む、茹でる、焼く、せいろと合わせて蒸すなどの調理方法があります。各調理器具の使い方を学び、使いこなすのが中華料理調理インストラクターです。調理技法でも、油を使う加熱方法だけで、炒、爆、炸、煎、燴などがあり、素材や作ろうとしている料理に合わせ、適切な調理方法を提案します。

3位:IPA中華料理技師資格試験

中華料理技師は、日本国内で中華料理の文化を広め、多様なメニューを構成していくのに必要な知識や技能を持っていることを証明する資格です。一般社団法人国際職業能力資格認定協会が認定しています。どちらかというと、中国の方が日本の中華料理店で働くにあたって、日本の外食文化や法律などを理解していることを証明するのに使われます。日本の中華飲食起業の人材採用ニーズに合った中華料理の技能を有していることを証明します。中華料理でも高級料理から庶民的な料理まで幅広くあります。中華料理技師は高級食材の扱い方や、中華料理の点心作りの技能などが問われます。

また、高級な宴席でのメニューの組み立てや、企画をすることができるかどうかも重要になります。ホテルでの総合運営管理や技術管理能力も必要とされます。お客様の属性、総人数、容貌、季節、予算などを考慮して、メニューを構成し、点心の数に至るまでプロデュースしていくことができることを証明する資格です。

中華料理は、甜、酸、咸、苦、辣の味を組み合わせて、作られていきます。多くの中華料理があり、その真価は奥深いものです。地域によっても特徴があります。北京料理は、味付けが濃く、豚や鶏などをよく使います。上海料理はコクがあり、濃い味付けのものと、素材を活かした淡白な味付けの料理がある。広東料理は、素材を活かしたさっぱりとした料理が多く、四川料理:唐辛子や山椒などの香辛料をつかった料理が多いです。

また、漢方薬に使われるような素材を使い、中医学理論に基づいて作られる薬膳料理などもあります。単に漢方に近いような素材を使うのではなく、陰陽の考えに基づいて、足りない気を補うようなものです。このように専門分野に特化した知識を持っておくことで就職や独立する際に役立ちます。
中華料理資格  中華料理資格

関連記事

通信講座情報

建築模型

建築模型・住宅模型資格評判ランキング

建築模型・住宅模型資格評判ランキング 住宅やビルの建築には、建築模型というものが使用されているのをご存知でしょうか…

ページ上部へ戻る