仕事に限らない、福祉の分野に特化した「福祉心理カウンセラー」 口コミ評判

福祉

「福祉心理カウンセラー」は、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)の認定を受けることで取得が可能な人気上昇中の資格です。

とくに高齢化社会の流れを受けて福祉施設で重宝されるほか、家族の介護を目的として自宅介護の場で使われることもあります。

福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判 — 福祉心理カウンセラーになるとできること

「福祉心理カウンセラー」は心理学のメソッドを使ったカウンセラーの職務に留まらず、専門的な福祉分野の知識を学ぶことによって、より専門性の高いカウンセラーとして社会的に認められています。

特に障害のある方や老人性の痴呆(ちほう)を抱えた方々に接するためには、事前に知識がないと対応を誤ることになったり、痴呆や認知症など脳の仕組みが変化して起こる疾病にあたっては、症状や対応の方法を事前に知っていないと対処できないケースが多く、専門的な知識を持った有資格者を確保することは社会にとっても急務となっているのです。

福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判 — 他者を知ることは自分を守ること

心理カウンセラーは当事者の心理を憶測しながら、心の回復を目指す仕事ですが、「福祉心理カウンセラー」はそれに加え、福祉の現場に特化することになります。

そして心理カウンセラーにも同様のことが言えますが、「福祉心理カウンセラー」は相手に接するにあたって、それなりの予備知識を持たないと、相手の行動の意味や気持ちに察しがつかず、ストレスで自分が傷ついてしまうことがあります。

転ばぬ先の杖ということわざがある通り、なぜ患者さんが怒っているのか、辛そうにしているのか、気持ちを汲んだり推測したりできれば、対応の仕方も変わってきますし、不要な心配をして介護をする側の気持ちが砕けるといったことも防げる可能性が高くなるのです。
福祉心理カウンセラーはこちら

福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判 — 仕事が目的でなくても、取得者が多い資格

資格と言えば「仕事」に結びつけたい方が多いと思いますが、「福祉心理カウンセラー」は必ずしも仕事を目的とせずに、自分の今後やご家族のために取得する方が多い資格になっています。

今は健康でも、これからどう変化していくか分からない自分に対して、「学ぶ」ことで少しでも不安を減らしていこうと考えるケースも多く、ご家族の今後を心配して学ばれるケースが多いのも、この資格の特徴で評判にも繋がっていますよ。

福祉心理カウンセラー認定試験口コミ評判 —「福祉心理カウンセラー」取得のために必要なこと

「福祉心理カウンセラー」は日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)の試験を受け、7割以上の成績を修めると、資格の認定がなされます。
日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)の名称を、はじめて聞いた方も多いかもしれませんが、この機関はほかにも「アロマヒーリングセラピスト」、「カラーセラピースト」、「メディカルハーブカウンセラー」など「人の心を癒す」をモットーにした評判の資格を複数用意しています。
はじめから方向性がしっかりと決まっている方はもちろん、これからプロとして資格を取得しようとする方はこれからの社会の動向を見据え、「福祉心理カウンセラー」を視野に入れるのもいいのではないでしょうか。
福祉心理カウンセラー  福祉心理カウンセラー

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

POPデザイナー認定試験の口コミ評判

POPデザイナーとは? ドンキホーテが売れる仕組みはご存知でしょうか?  中国人など外国人に取って目新しいものが…

ページ上部へ戻る