共働きの家庭の利用が急増中!賢いハウスクリーニングの利用方法とは?

souji

共働きの家庭の利用が急増中!賢いハウスクリーニングの利用方法とは?

最近、よく聞くようになった「ハウスクリーニング」というサービスですが、どのような事をお願い出来るかご存知ですか?
清掃をプロに任せるのは会社や不動産業者が一般的でしたが、近年では個人の一般家庭向けのサービスが充実しているようです。
実際に共働きの家庭を中心に、効率良くハウスクリーニング利用している方が増えているそうですよ。
一般家庭向けのハウスクリーニングというと、大掃除の時期のエアコンや浴室、換気扇の掃除を依頼が多いのではないかと想像する方が多いと思いますが、依頼内容はの種類は多岐に渡るようです。
汚れやすい水回りや、カーペットのシミ、土で汚れてしまったベランダなど、あらゆる場所を依頼する事が出来るそうです。また、定期的にハウスクリーニングを依頼することは家やマンションの劣化を防ぐことにも繋がるため、高い評判を得ています。実際に使用年数が経ったためリフォームを検討していたお風呂などが、ハウスクリーニングでかなり綺麗になったという口コミも多いようですよ。子育てや仕事で追われていて、大掛かりな掃除に手が回らない場合や休日を有効活用したい場合、プロにハウスクリーニングに依頼する事は賢い選択だと言えそうです。
ハウスクリーニング資格

ハウスクリーニング関連の資格は大人気なんです

綺麗好きの方やに工夫を凝らしていたり、掃除が趣味の方には掃除のプロになりたいという方も多いのではないでしょうか。実はハウスクリーニング関連の資格は大変人気が高まっています。なぜならハウスクリーニング業界不況知らずの市場と言われており、年々拡大傾向にあります。
また、あまり知られていないのですが、なんとハウスクリーニングには国家検定があります。しかし、学科試験と実技試験での合格率が30%と難関国家資格なっています。
ハウスクリーニング技師になるには準備期間を長く設定し、複数回受験する可能性も見込む必要がありそうです。検定受検のためのスクールもありますが、道具購入なども含めると少々高額となりそうです。
いずれは国家資格取得を目指したいけれど、まずはハウスクリーニング業界で働きたいと思っている方には、通信教育での資格取得がおすすめです。国家資格と比較すると網羅出来る内容は当然少なくなりますが、合格率も高く、基礎力をつけ実際の仕事につなげるという点では十分役に立ちます。
日本生活環境支援協会主催の「ハウスクリーニングアドバイザー認定試験」、日本インストラクター協会主催の「クリーニングインストラクター認定試験」などの資格は、プロとしての道具の使い方、状態に応じた掃除方法などの知識を身に付けられます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができますし、もちろんお掃除のプロとしても活動が可能です。
通信講座も増えてきているのでランキングなどを参考に、是非ご自分にあったカリキュラムを見つけてくださいね。

ハウスクリーニング  ハウスクリーニング

関連記事

通信講座情報

ongaku

音楽資格評判ランキング

音楽資格評判ランキング 音楽療法という言葉をご存知でしょうか。音楽療法とは、音楽を使って心身の機能の回復、心身の健…

ページ上部へ戻る