出汁資格人気ランキング

出汁

出汁は料理の基本です。世界中に美味しい料理はたくさんありますが、出汁を活かす日本料理は世界遺産にもなりました。美味しい出汁は素材の味を引出、味付けは控えめでも十分に美味しい料理になります。より深く出汁について学びたい方は、出汁の資格勉強をしてみませんか?出汁に関する人気資格を集めてみましたので、ランキング形式で紹介します。

1位:出汁マイスター

出汁マイスターは、出汁について、総合的な知識があることを証明する資格です。日本料理の基本となる出汁の種類、出汁の歴史、出汁をとるための材料、出汁の取り方、出汁を使った料理などについて深い理解が求められます。また、出汁マイスターは日本料理でよく使用される昆布出汁やかつお出汁だけではなく、外国料理で使われる出汁やスープに関する知識も求められます。出汁が持つ栄養素や、料理で使用する食材との相互作用、相乗効果など、出汁に関する様々な知識が必要です。出汁の化学についても学びます。出汁のうまみ成分であるアミノ酸の種類や、単独で使うよりも掛け合わせることで、より深いコクを生み出すための組み合わせなどにも理解が必要です。

2位:健康出汁アドバイザー

日本料理では、鰹節と昆布の出汁が基本となっていることが多いようです。他にも、シイタケや魚の骨、煮干しや野菜を干したものなど、様々な出汁があります。出汁のうまみ成分はグルタミン酸や、イノシン酸、コハク酸などを含む材料が使われます。外国の出汁では、鳥や豚、牛の肉を加工したものが使われたりします。この外国の出汁はスープ、ストック、ブイヨンと呼んで区別することがあります。

出汁は、料理にコクや深みを加えるだけではなく、健康に役立てることもできます。出汁のうまみ成分の一つ、グルタミン酸は、胃の中にある受容体と言う部分と反応し、迷走神経を通じて脳に刺激を与えます。適度な食欲をかきたてると同時に、食後の満腹感ももたらします。きちんととった出汁を使うことで、健康にも役立つのが出汁です。健康出汁アドバイザーは、このように出汁の成分や、身体の仕組みを理解し、どのように健康に役立つのかと言うメカニズムを知る必要があります。また、どのような出汁を求めているのか、適切な出汁を選び、アドバイスできる知識が求められます。

3位:だしソムリエ

だしソムリエは、正しい出汁の知識を持ち、料理をより豊かにするための資格です。初めに日本の出汁の基本を学びます。鰹節や昆布、煮干しを中心に、正しい出汁の取り方を学びます。生理学的な味覚の分類を学び、出汁に含まれるうまみを分類ごとに理解します。出汁の製造法や栄養、うまみの成分について学びます。出汁には1番出汁や二番出汁などがあります。また、煮干しは鰹節や昆布とは違う出汁の取り方となりますので、これらの材料による出汁の取り方のポイントを学びます。次に、出汁の材料となる乾物について学んでいきます。これらの乾物が日本の食文化や郷土料理にどのように活用されてきたのか、花広い教養を身につけます。その後、料理への応用を学びます。だしソムリエは、このように出汁の教養から、料理への応用や実践力を持つことを証明する資格です。

4位:かんぶつマエストロ

出汁の基本となるのが、昆布や鰹節といった乾物です。中華料理などでは、豚肉などの肉を加工した出汁も用いられます。かんぴょうや切り干し大根など、出汁を引くことを目的としない乾物からも、それぞれ独特の良い出汁が取れます。干すことで水分が抜け、保存に適するだけではなく、旨味や甘味が凝縮します。日光にさらすようなものは紫外線で成分が分解され、生の時とは違った旨味が生まれることも少なくありませn。乾物は、日本の伝統食だけではなく、ドライフルーツや豆なども含みます。このような乾物について、品目ごとの基礎知識や、それらの製造工程、戻し方や調理方法などについて幅広い知識を持っていることを証明します。
出汁資格  出汁資格

関連記事

通信講座情報

食育

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

食育健康アドバイザー認定試験の口コミと評判をまとめてご紹介します。食育は食べる事を通じて健康に関する知識や知能を育てる分野として近年益々注目…

ページ上部へ戻る