和食資格人気ランキング

和食

ユネスコ無形文化遺産に登録されたことで、世界中から注目される和食文化。この素晴らしい日本の伝統文化を学び、資格を取ろうという方が増えています。

仕事に活かすために資格取得する方から、毎日食べる和食をについて改めて学びたい方まで、その目的は様々です。

【1位】和食エキスパート

和食エキスパートとは、日本安全食料料理協会主催の民間資格です。

基本的な和食の知識や和食の調理に関する技術・技能を有する者に与えられる資格。和食の基本ともいえる、だしの種類や、和食に必要な道具の種類などについて学ぶことができます。

資格取得後は、講師活動ができます。仕事に役立つだけでなく、煮物など和食の料理に関する知識を得られるので、毎日の食生活にも非常に役に立つ資格と言えるでしょう。

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価
和食エキスパートはこちら

【2位】日本料理インストラクター

日本料理インストラクターとは、日本インストラクター技術協会主催の民間資格です。

日本料理の基礎知識を学びたい方におすすめの資格です。この資格取得には、日本の四季それぞれに対する日本料理のレシピ構築、懐石料理の知識とレシピ構築などのスキルが一定以上あることが必要です。

日本料理インストラクターの資格を取得することで、講師として教える力も身に付きます。

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価
日本料理インストラクターはこちら

【3位】和食検定

和食検定とは、日本料理の文化を正しく理解して、伝えていくために必要な基礎知識が求められる検定試験です。

この検定には、和食の初歩的知識を学べる「初級レベル」、日本料理の文化や食事マナー、英語で日本料理の案内ができるようになりたい人のための「基本レベル」、さらに和食レストランなどで「働く人向けの「実務レベル」の3種類があります。

試験:年に2回(2月、10月)

受験料:初級レベル4.000円、基本レベル5.000円、実務レベル8.000円(消費税込み)

【4位】和食マイスター

和食マイスターの資格は、野菜ソムリエ協会が主催の民間資格です。

無形文化遺産にも登録された和食の伝統文化を様々な側面から学び、そして日本料理の素晴らしさを伝えていくための資格です。

和食の歴史から、食べ方のマナーまで幅広く学べる人気の資格。

資格を取得するためには、全5回の講座を受け、指定のカリキュラムを学ぶ必要があります。

受講料:97,700円(入会金10,800円、受講料 86,900円)

一般社団法人 日本野菜ソムリエ協会 和食マイスター講座事務局

(URL:http://washoku-m.jp/

【5位】和食アドバイザー検定

和食アドバイザー検定とは、一般社団法人 日本実務能力検定協会主催の民間の検定試験です。

和食の基礎知識を学びたい方や、和食の魅力を広く伝えたいとお考えの方におすすめの資格です。

この資格は、和食アドバイザーとジュニア和食アドバイザーの2種類があり、ジュニア和食アドバイザーは在宅での受験も可能。日本料理の知識を深めたい方が気軽に受けられる検定です。

試験:年に2回

ジュニア和食アドバイザー受験料:6.320円(テキスト代・消費税込み)

和食アドバイザー受験料:64.800円(消費税込み)

一般社団法人 日本実務能力検定協会

和食資格講座  和食資格講座

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

諒設計アーキテクトラーニングの口コミ評判

諒設計アーキテクトラーニングについて 資格取得の勉強を行いたいけれども、どの様に勉強を始めれば良いか分からない事はありませんでしょうか? …

ページ上部へ戻る