在宅ワーク・内職に直結。「実践建築模型認定試験」とは

建築模型

在宅ワーク・内職に直結。「実践建築模型認定試験」とは

かつてメディアや口コミ評判で話題になった建築模型「住宅模型」の在宅ワーク。建築模型とは、家などの建築物を設計するとき、説明に使われる模型のことです。住宅模型は、ハウジングメーカーなどが商談の際に、より具体的なイメージをつかんでもらうために利用しています。
報酬は、模型の大きさなどにもよりますが、戸建ての場合で相場は1個3万円~6万円。材料費は2000円前後なので、受注数やスピードが安定すれば、月10万円くらいは内職で稼げます。

建築模型製作に関して資格は必要?

自分が手掛けた住宅模型を売り収入を得ようと考えるならば、資格を取得したほうがよいでしょう。また、住宅模型の講師になるには、信頼につながる資格は有効です。
建築模型資格

建築模型製作の資格の種類

仕事に役立つ建築模型の資格は、実践建築模型認定試験と建築模型技工士インストラクターです。実践建築模型認定試験は1級と2級があり、日本デザインプランナー協会の認定資格です。2級は、建築模型の製作技術、技能を証明する資格で1級は、建築模型の設計者としてのスキルを高める資格です。受験料は、10000円。在宅受験が可能で70%以上の評価で合格です。
建築模型技工士インストラクターは、スタディー模型、体験模型、原寸模型、木造の住宅模型に関する技能を証明する資格で、日本インストラクター技術協会の認定資格です。受験料は10000円。在宅受験が可能で、70%以上の評価で合格です。

仕事に直結する、通信教育とは

諒設計アーキテクトラーニングの通信講座「建築模型・住宅模型デザインコース」を受講すると、
基礎から学び初心者でも技術が身につきます。また、建築模型デザイン1級、2級資格取得講座を受講すると、実践建築模型認定試験1級、2級、建築模型技工士インストラクターの資格が取得できます。また、受講終了後、一級建築士事務所株式会社 諒設計の外注協力者として登録し模型製作の依頼が受けられます。仕事は在宅勤務で、卒業後、登録申請書が郵送されます。

模型製作について学べるスクールや講座はたくさんあります。しかし、その後、内職するためには、仕事を受注する必要があります。模型製作の仕事は豊富にあるわけでないので、依頼主を探すのが大変です。諒設計アーキテクトラーニングの通信講座を受講すれば、諒設計の外注協力者になれるので、依頼主探しに苦労せずにすみます。

どの講座を選んでも、基礎や技術は学べます。講座で学んだ技術をその後どうしたいのか考えて、講座を選択しましょう。

諒設計アーキテクトラーニング ジャンル別人気講座ランキング1位

建築模型・住宅模型デザインコースは、諒設計アーキテクトラーニングの副業に有利な講座ランキングで1位に選ばれた講座です。建築模型技工士インストラクターになりたい人、内職で副業したい人にはおすすめです。
建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

関連記事

通信講座情報

ビーズアクセサリー

ビーズアクセサリーインストラクター試験の口コミ評判

ビーズアクセサリーブーム ビーズアクセサリーが現在ブームになっております。  少し前までは工業品やブランド品などが次々と売れていっていま…

ページ上部へ戻る