奥が深い!空間ディスプレイデザイナーってどんなお仕事?

空間

奥が深い!空間ディスプレイデザイナーってどんなお仕事?

一般的に知られていない「空間ディスプレイデザイナー」という職業ですが、一口にいうと「空間」をデザインする人気のお仕事です。デザイン系の職種は全体的に需要も高まっていて、もちろん空間ディスプレイデザイナーになりたい方も増えているのですが、イメージが湧きにくい方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
聞きなれない「空間デザイン」と言葉ですが、とっても身近なものなんで、私たちは毎日のように「空間デザイン」に触れています。
例えば、ショーウィンドウやお店の中に並んでいる商品、最近では駅などの公共機関などでも、ふと目を奪われてしまう瞬間やつい立ち止まってしまう瞬間はないでしょうか?
商品や展示物を引き立てるために色彩・照明・商品等の配置の組み合わせを操り演出するのが空間ディスプレイデザイナーの主な仕事です。街のあらゆる場所でその仕事を目にする事が出来ます。
主役はあくまでも商品や展示物となり、扱う物の種類も多岐に渡ります。空間ディスプレイデザイナーは全てを組み合わせて、何もない空間を演出していきます。一見自由度が高く、芸術的要素が重視される仕事と思われがちですが、宣伝効果を強く求められます。そのため、様々な制約をクリアしながら美しいものを作り上げなくてはならないのです。
知識と技術、そして何よりも感性を駆使し、空間をつくり上げる職業ですので、空間ディスプレイデザイナーになるには、デザインの基礎力と応用力が必須といえるでしょう。
デザインの基礎力をつけるには、やはり美術大学や専門学校で勉強する事が一番効果的かと思いますが、パーソナルトレーナーの教室やスクールへ通い、長期的にデザイン力を磨くという方法も選択肢の一つです。
他業種からの転職等を検討されている方などにとっては、やはり気軽に始められる通信教育を受け、資格を取得する事が近道のようですね。
空間資格

在宅受験も可能!腕試しにまずは受験を目指してみましょう

日本デザインプランナー協会主催の「空間ディスプレイデザイナー認定試験」、日本デザインプランナー協会が主催する「空間ディスプレイデザイナー認定試験」があります。
在宅受験も可能となっており、通信講座のテキストなどを参照しながらじっくりを受験出来ますので、色彩検定などと比較して合格率が高いようです。
基礎編から応用編までを網羅した、即戦力が身に付く通信講座がランキングでの評判となっていますので、是非ご自身にぴったりの講座を探してみてください。

空間デザイン  空間デザイン

関連記事

通信講座情報

カラー

色彩インストラクター認定試験の口コミ評判

人間活動における色が与える重要な役割 普段私たちが生活を行う中で色は重要な役割を果たしております。  幼い子でも赤に関しては、危険という…

ページ上部へ戻る