実践建築模型認定試験の口コミ評判

建築模型

建築模型とは?

建築物を作成する上において、設計図が必要だという事は皆さんすぐにイメージが湧くかと思います。
 ただ設計図だけでは、どの様な建物になるのかイメージが湧きくいというのもすぐにお分かりかと思います。
 昨今コンピューターグラフィックスなどの技術の発展により、PCのディスプレイ上にそれらの技術を用いて
 完成後のイメージを投影する事も可能となっておりますが、実はそれ以外の方法でも建築物のイメージアップを
 図る手段が用いられている事は皆さんご存知でしょうか?
 それは、建築模型です。
 模型を通じて、建築物の構造や間取りなどを再現するだけでなく、
 周りに木や緑などがどの様に植えられるのかや、人がどの様に生活するのかなどを表現する事で、
 リアルに視覚的に訴える様にしていくのです。
 そうする事でコンピューターグラフィックスでは再現が難しい質感であったり、
 奥行きなどの3次元情報についても再現をするのです。
実践建築模型はこちら

実践建築模型認定試験とは?

その様な模型を作成するには、高度な技術が必要というのは簡単に想像つくかと思います。
 その為、それらを作れる力量があるかどうかを評価する指標が必要です。
 それが実践建築模型認定試験になります。
 この試験はその様な建築模型を第三者に対して、プレゼンテーションとして作成できるかどうか、
 建築模型の知識や制作技術や技能を評価する試験となっております。
 試験は2級と1級が用意されており、2級は設計者の意図を組んで模型が制作できる技術があるかどうかを
 認定する試験となっております。1級では更に、建築模型の製作者としてのスキルや
 実践の場で通用する技術を保有しているかどうかに関しても問われます。

受験方法について

これらの資格に関しては、全て(1級・2級)自宅で受験する事が可能になっております。
申込み方法としては、日本デザインプランナー協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこから実践建築模型認定試験のページリンクにアクセスします。
すると受験申込に関する試験要綱と共に受験申込みのボタンがありますのでそちらを押下します。
すると住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、お好きなタイミングで試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

実践建築模型認定試験の口コミと評判

実践建築模型認定試験を受験された方は、
 「建築関係の仕事を行っておりますが、更なるスキルアップを目指し当資格を取得する事にしました。
  実践的な問題も出題範囲に入っておりましたので、勉強した内容が現場においても生かす事ができ、
  試験だけのための勉強にならずとても意味があったと考えております。
 」
 「建築やデザインの知識が殆どなかったのですが、試験という目標を持って勉強を進めれました。
  学習を進めていく中で仕事に関する内容の理解から、どの様に模型製作を進めていけばよいのか、
  最適な素材なども分かる様になってきました。
  その結果、建築模型に関する仕事に携われる様に一歩近づけたと思います。」
 との事でした。

建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

関連記事

通信講座情報

漢方薬膳

「薬膳調整師」になって健康のエキスパートに! 口コミ評判

「薬膳調整師」は日本安全食料料理協会(JSFCA)で資格を取得できる、人気上昇中の項目の1つで、病気になる前に普段の健康から気を付けていきた…

ページ上部へ戻る