建築材料インストラクター認定試験の口コミ評判

通信教育通信講座

建築業界の人材不足

日本では東京オリンピックに向けてエンブレム問題や、
競技場に関する問題について日々報道が続いております。
ただ、競技場については金額問題で揺れている事でよく報道されておりますが、
人材や資材が不足しております。
これは、オリンピックに向けたホテルやインフラなどを整える必要があり、
それらに人がさかれているためです。
また、少し前までは建築業界は不況にあえいでいたため、
リストラや機械の売却なども頻繁に行われており、全体的にリソースが不足しております。
それに加え昨今の爆買ブームで日本への観光が加速しており、
どんどん円安になってきていることで更に観光人数は増えるため、
ホテルなどの建築ラッシュとなっていることから人材も資材も不足しております。

建築材料インストラクター認定試験とは?

そのため、建築物を作成するに当たり、建築物を実際に組み立てていく人達も
不足しておりますが、建築を行うための資材を選定できる人も不足しております。
昨今は同じ様な形の建築よりも個性的な建築を行うデザインが増えてきているため、
それらに耐えれる様な素材が何なのかというのを選定する必要があります。
また、どの様にすれば安く調達できるのかといったことも資材の知識が無ければ、
高い値段で発注をすることになってしまいます。
そのため、それら建築材料に関する知識を育成できる人材を増やすため、
日本インストラクター技術協会というインストラクターを育成するために設立された団体では、
建築材料インストラクター認定試験という資格を設置しております。
これは、建築材料に関する知識を有している者について認定される資格となっております。
試験内容としては、構造用材 (木材,石材,コンクリート,鉄鋼など) ,
内外装仕上げ材 (築壁材,床材,屋根材,各種ボード,建具,建築用金物など) ,
性能維持材 (シール材,断熱材,吸音材,防水用材など) などの用途や
素材特性などに関してが問われます。
建築材料インストラクターはこちら

受験方法について

この資格は、これらに関する職業に従事している人でなくても、知識さえ保有していれば受験が可能です。
また、ご自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本インストラクター技術協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこから建築材料インストラクター認定試験のページリンクにアクセスします。
リンク先には募集要項、試験内容に加え、試験実施日に関する記載があります。
確認行えましたら、受験申込みのボタンをクリックします。
するとどの試験区分を受験するかのリストと、
住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

建築材料インストラクター認定試験の口コミと評判

建築材料インストラクター認定試験を受験された方は、

材料工学に関して大学で専攻しており、今後この知識を生かせることがないかを考えており、
その一環として受験を行いました。社会にも通じる高度な知識を習得できている事が分かったため、
今後はこの知識を武器に指導を行える様に頑張りたいと思います。

との事でした。

関連記事

通信講座情報

candle

キャンドル資格評判徹底比較

キャンドル資格評判徹底比較 キャンドルづくりという楽しみがあるのをご存知でしょうか。キャンドルの揺らぎを見つめてい…

ページ上部へ戻る