建築模型のスペシャリスト、建築模型技士インストラクター

建築模型

建築模型のスペシャリスト、建築模型技士インストラクター

みなさんも一度は目にしたことがある建築模型には、歴史的建造物や大型商業施設、大型ビルや企業の建築物などをディスプレイ用に製作された物、家を建てようとしている方に、建設物件をより具体的に理解してもらえるように販促用アイテムとして、建築図面を基に建物の完成予想模型を製作された物などがあります。
建築模型を作る為には、製図を読み取る能力、スチレンペーパーやスチレンボードやカラー紙などを図面に応じてカットするなどの加工技術、カットされた部品の組立技術、家具や植樹など付帯品などを作る繊細な技術、見栄え良くキレイに仕上げる技能などが求められます。

建築模型を作る

建築模型を作る際の材料としては、製作時間が短く簡易的なスタディ模型を作る為のスレンチペーパー、厚みを表現しながら作るスレンチボード、建物の色合いなどを表現する際に使用するカラー紙などがあり、建築模型の種類としてはスタディー模型、プレゼンテーション模型、検討模型、展示用模型などがあります。建築模型資格
建築模型を作るには特に資格が必要とされていませんが、建築模型の資格として実践建築模型認定資格などがあり、人気のある資格としては日本インストラクター技術協会が認定している「建築模型技士インストラクター資格」があります。この資格は、建築模型技士として、スタディー模型・プレゼンテーション模型・検討模型・説明模型・展示模型・体験模型・比較模型・原寸模型などの製作について十分な知識と理解があり、模型を製作出来る技能があることを証明する資格となっております。
資格取得後は、今までに培った知識・経験などを活かして、建築模型製作への知識や技術、さらには、より精度の高い模型の製作方法などに関する講習活動を行ったり、指導を行う事が可能となります。
建築模型資格

人気の資格

資格試験は、資格認定をしている日本インストラクター技術協会が実施しており、受験回数は年6回(偶数月)、受験料10,000円(消費税込)、受験申請はインターネットから申し込み可能、受験は在宅受験となっている事から、誰でも受験することができる人気の資格となっております。
受験者からの評判も良く、資格を取得された方から、
「自分の能力を証明することが出来るようになった。」
「資格取得するにあたり、模型作りの奥深さを改めて体感することが出来た。」
「資格を活かして、模型の用途に応じた模型製造方法、模型の種類に応じた模型製造方法などを教える講師の仕事がしたい。」
などの感想・口コミがあります。
建築模型の製作経験があり、建築模型の製造に関する知識・技術に自信のある方は、建築模型技士インストラクター資格を取得して、さらなるスキルアップを目指してみてはいかかでしょうか。

建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

関連記事

通信講座情報

flower

プリザーブドフラワー資格口コミ評判

プリザーブドフラワー資格口コミ評判 今ではすっかりギフトなどで人気が定着したプリザーブドフラワー。プレゼントやご自…

ページ上部へ戻る