建築模型・住宅模型資格評判ランキング

建築模型

建築模型・住宅模型資格評判ランキング

住宅やビルの建築には、建築模型というものが使用されているのをご存知でしょうか。建築模型は、建設会社や工務店が住宅やビルの完成イメージを的確に伝えるために使用され、設計段階で欠かせないツールの1つです。この模型を作れる人材が、今業界で求められています。模型を作れる人材が不足している会社は、外注を行いますので、在宅ワーカーが模型を製作して納品するケースもあります。建築模型が作れる技術が身に付けば、在宅で模型を作って収入が得られるチャンスも巡ってきます。実際にすでに建築関連の仕事に携わっている人のみならず、これから技術を身に着けて、在宅で仕事がしたいと思っている人にもおススメの資格です。

1位  実践建築模型認定試験

理由:日本デザインプランナー協会が、制作者の建築模型の知識・製作技術・技能を判定し、適切であると評価された人に認定される資格です。試験は2級と1級に分かれていて、2級では、設計者の意図をわかりやすく伝達できる建築模型の製作技術・技能を有していることが問われ、1級ではより高い専門性が問われるので、建築模型の製作技術・技能に加え、建築模型の製作者としてのスキル、実践の場で通用する技術を有しているかも問われます。2級1級ともに在宅での受験が可能で、試験は2か月に一度のペースで実施されているので、受験時期をご自分のペースに合わせて設定して、それに向けて学習できます。学習計画が立てやすく魅力的です。
実践建築模型資格認定試験

2位  建築模型技工士インストラクター資格

理由:日本インストラクター技術協会が認定する資格で、実務で通用するレベルの建築模型技工の知識・技術が身に付いた人に認定される資格です。スタディー模型、プレゼンテーション模型、検討模型、説明模型、展示模型、体験模型、比較模型、原寸模型など、様々なタイプの模型に対応して製作できる技術が求められます。資格取得には認定試験を受けて合格するか、協会の認定する教育機関で所定の講座を受講することが挙げられます。講座を受験すれば修了と同時に資格認定をうけられるので、試験を受ける必要がありません。認定試験を受ける場合も、在宅で受験することができます。認定試験に合格すると、住宅模型に関する制作技術と技能があるということが証明されたことになります。インストラクター資格であるので、資格取得後は、ご自身が培った技能を他者に伝えていく講師活動も、自宅やカルチャースクールなどで行えます。
建築模型技工士インストラクター資格認定試験

3位  建築模型士Primary資格

理由:住宅やマンションなどの模型を製作する技術を認定する資格です。模型の作り方は、通信教育の講座にて学べます。通信講座を受講すると、模型作りに必要な道具やキットが全て送られてくるので、クラフト感覚で家のミニチュア模型づくりをすれば、ノウハウを学べます。課題を提出して専門家に見てもらうことができます。そして全ての学習が終わったら、最終課題提出をして、資格認定をうけられます。資格取得後は、建築設計事務所や工務店、模型制作会社などの企業への就職・転職や、ご自分で制作した模型をご自分で売る在宅ワーカーとして活動することも可能です。

建築模型・住宅模型  建築模型・住宅模型

関連記事

通信講座情報

beranda

ガーデニングアドバイザー認定試験の口コミ評判

楽しいガーデニング ガーデニングが最近ブームになってきております。  増税前の住宅の駆け込み購入により住宅を持ってい…

ページ上部へ戻る