手相鑑定士認定試験口コミ評判

手相

占いの一種である手相は、手に現れる線をみて対象者の健康状態や様々な運勢を判断することのできる占いで、小さい子からお年寄りまで幅広い年代の方から楽しまれています。この記事では手相鑑定士認定試験について詳しくご紹介いたします。

手相を仕事に使うことはできるのか

趣味で手相について学んでおり、これを商売として生かすにはどうすればよいか考えると道は手相占い師しかありません。直接どこかに所属や開業したりはせず、手相関係のライターを目指す方でも肩書きは手相占い師になるはずです。このように職業にしてしまうと一気に幅が狭くなってしまいますが、手相に関する詳しい知識を持っている方は実は現代の日本では他の資格に比べて少ないです。ニッチな分野ではありますが、人口も少ない分重宝される場合もあります。ですが、この資格は開業について学ぶ内容ではないので、あくまで趣味のスキルアップとしての知識ととらえていただきたいです。

資格の詳しい内容や必要になる知識

手相鑑定士は、実際に手相を占える実践的なスキルがある方に送られる資格です。比較的初心者でもしっかり学べば取得できる資格になっており、手相に関する知識を学びもっと上達したいと思っている方には是非目指してほしい資格です。手相に限らず占いは、対象者が気になる物事や不安、悩みなどを聞くものですので、そのようなカウンセラー的な要素も手相鑑定士を目指し学んでいくうちに理解できるでしょう。この資格を取得した後は、手相鑑定士と正式に名乗り自宅の一室やスクールで講師活動することも可能ですが、これだけでは専門的な深い知識も不十分なため、もし手相占い師として所属・開業したい場合はもう少し本格的な資格やそれこそスクールで学んだり、プロに弟子入りするのが確実です。占い師になるための一番の近道は、プロの占い師に弟子入りすることといわれております。経験も積むことができ、占いで稼いでる方から直々に指導していただけるのですから腕前もどんどん上がっていくはず。難しいことで勇気も必要かもしれませんが、本気で占い師を目指すのであればそのようなことも必要になってきます。
手相鑑定士はこちら

試験申込や受験方法

手相鑑定士は「日本インストラクター技術協会」という団体が主催しています。
この協会は他にも「ドライフルーツ製法インストラクター」や「ホロスコープインストラクター」などの生活に役立つスキルや、趣味のスキルアップを考える人へ指導できる力を中心とした内容の認定試験を開催しています。
協会のホームページで専用フォームからの申し込みのため、全国どこからでも受験申込みをすることができます。在宅受験になりますので、申し込みから受験、結果発表まで特定の場所へ行かなければならないということは一切ありません。この日本インストラクター技術協会が主催する認定試験は全てネット申し込みで在宅受験のため、忙しい社会人や主婦から人気のある試験です。提携している通信講座スクールも存在するため誰でも学びやすく、そちらを申し込めばこの試験の申し込みが必要ない場合もあるため独学では不安だという方はチェックしてみてください。
受講料は消費税込みで10,000円。70%以上の評価で合格となります。試験期間は5日間と自宅で落ち着いて取り組めます。解答を送り、合否が送られてくるのは1ヶ月後になります。
試験の申し込み期間は1ヶ月、試験は二ヶ月に一回のペースで開催されているのでいつ勉強を始めても丁度良い時期に受けられるでしょう。

さいごに

手相鑑定士についてご紹介いたしました。一見取得するのに難しい資格と思われがちですが、手相に関する基礎知識をしっかり学んでいれば取得できる資格です。趣味で手相を学んでいて、仕事にするわけではないけれど腕試ししてみたいという方は是非チャレンジしてみてください。資格を持つことでスキルアップや正しい知識があることも証明できますので自分の誇れるものが一つ増えるのではないでしょうか。
手相資格  手相資格

関連記事

通信講座情報

craft1

ハンドメイド・クラフト手芸資格評判ランキング

ハンドメイド・クラフト手芸資格評判ランキング ハンドメイドやクラフトを趣味として、作品を作っている方はたくさんいら…

ページ上部へ戻る