日本安全食料料理協会の口コミ評判

通信教育通信講座

日本安全食料料理協会とは?

昨今コンビニでもコーヒーが購入できる時代となり、
 またコーヒーチェーン店も次々と出店ラッシュとなっております。
 それは世の中にニーズがあるからであり、
 結果これらを販売するための人数は更に必要な状況です。
 また、それらに関する知識を保有した人は企業で引っ張りだこの状態なので、
 年々高度な知識を持った人は枯渇状態になってきております。
 日本安全食料料理協会では、この様な現代人の多くが日常的に摂取している
 コーヒー、紅茶といった嗜好品に関する知識を持ったプロフェッショナルを認定するための
 資格を数多く取り揃えております。
 この資格を通じ、そういった現場で従事される方々のスキルを向上させることを目的としております。

どのような資格があるの?

 コーヒー及び紅茶に関しては、それぞれアドバイザーとマイスターの2段階に分かれております。
 コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)認定試験及び紅茶アドバイザー認定試験は、コーヒー豆や紅茶の茶葉に関しての
 種類や産地に関する知識、良い豆や茶葉の見分け方、おいしい入れ方などの
 基本的な知識を有しているかどうかを認定するための試験となっています。
 逆にカフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)認定試験及び紅茶マイスター認定試験は、
 オーナーとしての知識やそれを実務で扱えるかどうかを問われる高度な認定試験となっております。
 オーナーだけが対象ではなく、飲食店で働かれる方も当試験は想定しております。
 他にもワインに関する知識や世界各国のワイン事情など基本的なワインに関する知識を問う
 ワインコンシェルジェ認定試験はソムリエ・ソムリエールを目指す人のための登竜門という役割だけでなく、
 趣味で勉強したワインの知識が正しいかどうかを判断するのにも最適な資格かと思います。
 また、飲み物だけでなく、スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)認定試験やハーブライフインストレクター認定試験といった
 ものや、薬膳調整師認定試験や漢方コーディネータ認定試験といった中華に関する資格もございます。

受験方法について

これらの資格に関しては、全てご自宅で受験する事が可能です。
申込み方法としては、当団体のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、受験申込みというメニューがありますのでそこをクリックします。
すると各資格の申込みページのリンクが一覧形式で現れますので、受験を行いたい資格を選択します。
住所や電話番号などを入力しますが、このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、お好きなタイミングで試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

日本安全食料料理協会の口コミと評判

コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)認定試験を受験された方は、
 「将来バリスタを目指しているのですが、どの様な知識を習得すれば良いのか分かりませんでした。
  当試験を勉強し受験する事で一歩近づけたと思います。
  次はカフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)認定試験を受験したいと思います。」
 との事でした。
 当団体はコーヒー、紅茶、ワインといった飲み物だけでなく、
 スパイス、漢方など幅広い食に関する資格を認定するべく設立された団体です。
 あるチェーンではコーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)を取得することを推奨されている会社もある様なので、
 ますまず当団体は注目を浴びてきております。
 食のプロフェッショナルを目指す人に向けた資格や、自身の趣味や食生活を向上するためにも役立つ資格など
 幅広いレベルをカバーしておりますので、一度サイトをご覧になってみて下さい。

関連記事

通信講座情報

cafe

いつかはなりたいカフェオーナー。カフェ経営のコツについて

いつかはなりたいカフェオーナー。カフェ経営のコツについて 挽きたての豆でいれたコーヒーの香りには、何とも言い難い魅…

ページ上部へ戻る