有望資格評判ランキング

通信教育通信講座

有望資格評判ランキング

自分だけの趣味をあたためる資格も良いのですが、どうせ取るなら、仕事に活かせる資格で、その業界から必要とされる資格が良いですよね。今後、将来的に必要とされるであろう資格。または、もうすでに現段階で必要とされている資格を有望資格として、注目の5つ資格をランキング形式でご紹介いたします。

1位 音楽療法インストラクター資格

理由:音楽療法とは、音楽を使って心身の機能回復、健康維持をはかる療法のことで、福祉・医療の分野で注目されている療法です。この療法を利用したリハビリテーションによって、疾病や障害を飛躍的に改善できる音楽療法インストラクターは貴重で稀有な存在です。自らもリハビリテーションを指示できる上に、初学者たちにその技術を教えていける音楽療法インストラクターの仕事は、社会的に高い価値のある仕事です。この資格は、将来にとても有望な資格といえます。
音楽療法資格

2位 安眠インストラクター資格

理由:現代社会において、さまざまな内的・外的要因、ストレスなどから、睡眠の不調について悩みを抱える人は急増しています。睡眠の不調は、さまざまな疾病を引き起こすので、人の命も脅かす馬鹿にできない大きな機能障害といえます。これを改善し、快適な睡眠を導く、安眠インストラクターの資格は、医療・美容・福祉などの業界、宿泊サービス業界などから、広く求められていて、有望な資格です。ストレス社会が激化すればするだけ、需要が増え、求められる資格です。
睡眠資格

3位 メディカルハーブカウンセラー資格

理由:ハーブは体の健康増進のため、各国で古くから食されてきていましたが、近年の研究により、心の健康増進にも大きく役立ち、リラックス効果やリフレッシュ効果など、ストレスを緩和させてくれたり、精神の疾病を和らげる働きがあることがわかりました。ハーブは、医療や福祉、サロンなどの美容分野などでも広く利用されて、これを専門的に扱えて、ハーブを使ったカウンセリングができる、メディカルハーブカウンセラーの活躍の場は広がりつつあります。今後さらに活躍の場は広がっていくので、とても有望な資格といえます。
ハーブ資格

4位 ソムリエインストラクター資格

理由:ワインの人気は国内外で年々急激に高まっていて、それに比例して愛好家の数は急増しています。様々な品種のワインから、最適な種類のワインを料理に合わせ、お客に提供できるソムリエの存在は、国内の飲食サービス業、酒類製造販売業、流通業だけでなく、世界中のワイン業界で価値のあるものとされ、求められています。ソムリエインストラクター資格では、実務に則してワインに関する学習が網羅されているので、即戦力となり、しかも未来のソムリエたちを自らが育てられるインストラクター資格ということも大きな魅力で、現在・未来ともに有望な資格といえます。ソムリエ資格

5位 スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)資格

理由:食は日増しに、国際化や多様化が進み、それに伴い、国内でもスパイスへの興味が年々高まってきています。スパイスを正しく判別できて、正しく扱える人材は今後の食品業界、流通業界などにおいて、求められる人材です。まだまだスパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)のように専門的にスパイスを扱える人材は少ないので、スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)の資格を学習して、スパイスのプロフェッショナルになることで、スパイスの普及にも一役かうことができる、有望な資格といえます。ご自身の学んだ知識を生かして、スパイスに関する講師活動もできるので、まだ人材の少ないこの分野での活動は狙い目です。スパイス資格

関連記事

通信講座情報

ongaku

音楽資格評判ランキング

音楽資格評判ランキング 音楽療法という言葉をご存知でしょうか。音楽療法とは、音楽を使って心身の機能の回復、心身の健…

ページ上部へ戻る