機械・設備・電気CADインストラクター認定試験の口コミ評判

cad

CAD技術の必要性

昨今建物を設計するためにはCADは必須となっております。
 建物はその外観などだけが対象ではなく、
 その外観を構築した後にそれらの建物に対する配管や、空調、
 電気など建物の必要とする機能も当然設ける必要があります。
 これらに関しても、当然CADにより設計を行い、
 緻密に計算された設計を元に実際にそれらを施工していきます。
 そのため、設備投資や建築などが最近活発になってきているため、
 これらのCADの技術に関してとても重要になってきております。

機械・設備・電気CADインストラクター認定試験とは?

しかしながら、これらの知識に関しては、建築などのCADとはまた違った知識を
 要求されるため、正しく設計を行える人材がまだまだ不足しております。
 そのため、それらの人材を育成する必要があるのですが、
 同じくそれらを教えることが可能な人材も不足気味です。
 そのため、これらの知識を教える事ができる人材を増やすことを目的に
 日本インストラクター技術協会という日本のインストラクターを育成する事を
 目的に設立された団体では機械・設備・電気CADインストラクター認定試験という試験を設置しております。
 これは、機械・設備・電気CADにおける空調設備設計・給排水衛生設備設計・電気設備設計・プラント設備設計などを
 十分に理解し、CADの操作を実務レベルでレクチャーする事が可能な人に対して付与される資格となっております。
 上記の様な幅広い知識を保持している人材というのはまだまだ業界に少ないため、
 この資格を保持している人は数多くの団体や企業で注目を浴びております。機械・設備・電気CAD資格

受験方法について

この資格は、これらに関する職業に従事している人でなくても、知識さえ保有していれば受験が可能です。
また、ご自宅で受験する事が可能となっております。
申込み方法としては、日本インストラクター技術協会のホームページから行う事が可能です。
ホームページにアクセスすると、当団体が運営されております試験の一覧がありますので、
そこから機械・設備・電気CADインストラクター認定試験のページリンクにアクセスします。
リンク先には募集要項、試験内容に加え、試験実施日に関する記載があります。
確認行えましたら、受験申込みのボタンをクリックします。
するとどの試験区分を受験するかのリストと、
住所や電話番号など必要事項を入力するフォームが用意されたページに画面遷移するので、
必要事項を入力し送信致します。このタイミングではまだ受験料は支払う事になりません。
なお、この際不明点など分からない点を入力する事も併せて問い合わせする事が可能です。
後日、協会より試験問題と解答用紙が郵送されてきます。
この時、試験問題と解答用紙を受け取る際に代引きの形で受験料を支払うことになります。
受け取った後、決められた期間で試験を実施し、郵送にて回答用紙を提出します。
見事合格すると当資格保持者として認定されるだけでなく、
団体に代金と共に申請を行う事で合格認定証や認定カードなども発行を行ってくれます。

機械・設備・電気CADインストラクター認定試験の口コミと評判

機械・設備・電気CADインストラクター認定試験を受験された方は、
 「
 プラント設計などに関して長年従事しており、これらの知識をさらに生かせないかと思い
 ネットで調べていたところこの資格に出会いました。
 今までは自己学習で得た知識であったため、これらを教えるという観点ではかんがえていなかった為、
 通信教育を用いて学習を進めていきました。
 自身が設計を行った事の無い分野についても学習を進める中で知識習得が進みました。
 学習には時間はかかりましたが、無事資格習得を行う事ができました。
 今後はまずは後身育成などを行いながら教える事に関するスキルアップを行っていき、
 将来的にインストラクターとして活躍できる様に頑張っていこうと思います。
 」
 との事でした。

CAD通信

関連記事

通信講座情報

インテリア

興味があるなら是非挑戦してみましょう!幅広い活躍が可能なインテリア系職種

興味があるなら是非挑戦してみましょう!幅広い活躍が可能なインテリア系職種 近年、「衣」「食」を楽しむのと同様に、「…

ページ上部へ戻る