水彩資格人気ランキング

水彩画

水彩画は画用紙の上に自分の好きな絵を下書きし、その上から色を塗って描かれる絵画で、額の中に入れて飾ることで独特の雰囲気を楽しむことができるため、趣味にしている人はたくさんいます。水彩画は鉛筆や消しゴム、絵の具、スケッチブック、水入れ、雑巾などを準備して始める必要があります。これらの道具は100円均一ショップなどで簡単に手に入れることができますので、誰でもすぐに始めることができるでしょう。水彩画の種類はいくつかあり、不透明水彩画や透明水彩、マット水彩などがあります。それぞれ異なった色合いをしており、独特の魅力がありますので、自分の好きなタイプの水彩画を始めてみましょう。

水彩画の描き方を知らないままで始めるのはとても大変です。そのため、水彩画の基本的な知識や技術を学んで取得することができる資格を獲得することが大切です。資格を取得するために勉強することで水彩画の基本を学ぶことができますし、資格があれば講師として活躍することができるようになります。水彩画の資格を取得することができる資格をいくつか紹介しますので、参考にしましょう。

1位 水彩アーティスト

日本デザインプランナー協会で行われている資格試験に合格することで、水彩アーティストの資格を得ることができます。水彩アーティストの資格を持っている人は、水彩の基礎知識や技術、構図の考え方などを理解していると認定してもらうことができます。水彩画を楽しむために必要なことをきちんと理解している水彩アーティスト資格所有者は、自分で水彩画を楽しみながら自宅やカルチャースクールで講師活動をすることができます。それゆえ、水彩アーティストは魅力的な資格と言えます。

水彩アーティストは受験するために満たすべき条件がありませんので、誰でもすぐ挑戦することが可能です。試験の申し込みはインターネットから行うことができ、試験を受けるために外出する必要がない在宅試験を導入していますので、なかなか外出することが難しい人でも安心してチャレンジ可能です。水彩アーティスト認定試験の日程は日本デザインプランナー協会のホームページで公開されています。自分の受けやすい日程を選んで申し込みましょう。水彩アーティスト認定試験に合格するためには、7割以上の評価を得る必要がありますので注意が必要です。また、答案の提出期限が決められていますので、必ず期間内に答案を送る必要があります。

2位 水彩画インストラクター

日本インストラクター技術協会が認定する水彩画インストラクターも、水彩画に関する知識や技術が一定以上あることを認定してくれる民間資格です。水彩画インストラクターは、水彩画を書く際の正しい流れや静物画を描く方法、ファーストウォッシュ、色作りなど様々な技術をきちんと把握しています。また、応用的なテクニックも理解していますので、水彩画のプロとしてアピールすることができるでしょう。日本インストラクター技術協会では、水彩画インストラクター資格を取得することができれば講師として活躍することができると資格の魅力をアピールしています。水彩画インストラクターとして多くの人に水彩画の素晴らしさを伝授したいのであれば、水彩画インストラクターの資格を取得することが大切です。

水彩画インストラクターの資格を取得するためには、日本インストラクター技術協会が行っている認定試験に申し込み、合格基準を満たさなければいけません。試験の概要や合格するために必要なことは何か、しっかりと把握しておくことが大切です。水彩画インストラクター認定試験は、受験資格がありませんので、試験を受けるために講座を受講したり経験を積んだりする必要はありません。誰でも受験することが可能です。試験を受ける際、受験料10,000円を支払う必要があります。試験の申し込みは日本インストラクター技術協会のホームページにある受験申込ページに移動し、必要な情報を入力しましょう。水彩画インストラクター認定試験は定期的に行われていますので、自分の好きな日程を選んで申し込むことが可能です。水彩画インストラクター認定試験に合格するためには、試験で70%以上の評価を得なければいけませんので、きちんと勉強をしておきましょう。

まとめ

水彩画インストラクターと水彩アーティストは、水彩画を描く際に必要となる知識や技術を持っていることをアピールすることができる素晴らしい資格です。資格を持っていることで、就職活動の際、しっかりとアピールすることができますし、講師として多くの人に資格を取得する際に学んだ知識を教える楽しさを実感することが可能です。水彩画の資格を取得するためにはたくさん勉強する必要があるのですが、きちんと学んでスキルアップができれば、人生をより有意義なものにすることができるでしょう。水彩画をもっと極めたいと思うのであれば、水彩画の資格を取得することが大切です。
水彩画資格  水彩画資格

関連記事

通信講座情報

空間

空間ディスプレイデザイナー認定試験の口コミ評判

空間ディスプレイデザイナーとは? 空間ディスプレイデザイナーという職業をご存知でしょうか?  これはファッション…

ページ上部へ戻る