水耕栽培資格人気ランキング

野菜や果物などの農作物を育てる際、土を使うことが一般的です。しかし、近年は土を使わずに育てる水耕栽培が注目されています。水と液体肥料の実を用いて植物を育てる水耕栽培で三つ葉やカイワレ大根などを作ることができるのですが、水耕栽培は天候に影響されることなく、安心して育てて収穫をすることができるため、取れ高の上下で悩まされることはありません。

水耕栽培の基本的な知識や技術を持つ水耕栽培の資格を取得することができれば、水耕栽培を効率良く進める方法を熟知していますので、初めて水耕栽培を始める人に対し、アドバイスを送ることができます。そのため、水耕栽培の資格を持っていることにより、たくさんの場所で活躍することがかのうです。

1位 野菜水耕栽培士

野菜水耕栽培士は、日本生活環境支援協会が発行している民間資格です。野菜水耕栽培士の資格を持つことによって、水耕栽培のを用いて野菜を育てるために必要な知識があると証明してもらうことができます。野菜水耕栽培士は、水耕栽培で使う道具や育てる際に必要とされている基礎知識、タワー型やポンプ型などの特殊な技法についてきちんと把握しています。様々な知識を持つ野菜水耕栽培士は、専門家として適切なアドバイスを行うことが可能です。野菜水耕栽培士の資格を取得するためには、野菜水耕栽培士認定試験を受験し、合格しなければいけません。試験の特徴や注意点をしっかりと把握し、合格を目指しましょう。

野菜水耕栽培士認定試験は受験資格がありませんので、誰でも挑戦する権利があります。受験の申請は、インターネットで行うことが可能です。申し込みの際、受験料10,000円を支払わなければいけませんので、予め準備しておきましょう。野菜水耕栽培士認定試験は在宅試験形式を導入していますので、自宅の中で回答することができます。野菜水耕栽培士の合格基準は70%以上の評価を獲得することが条件となっていますので、合格できるよう、しっかりと勉強しましょう。

2位 水耕栽培インストラクター

水耕栽培インストラクターは、日本インストラクター技術協会が行っている認定試験を突破することができた人のみ取得することができる資格です。水耕栽培インストラクターは、水耕栽培で植物を育成する際に必要不可欠な知識や特性で異なる栽培の仕方をきちんと理解していると認定してもらえる資格です。また、配管や水の替え方など実践で使える知識も必要となる資格ですので、しっかりと勉強をして試験に臨むことが大切です。水耕栽培インストラクターが知っておくべきことはたくさんあります。きちんと学んで試験に合格し、資格を取得することができれば将来は講師として知っている知識を教えながら収入を得ることが可能です。

水耕栽培インストラクター認定試験は、受験資格を設けていませんので、年齢や経験に関係なく、誰でも試験を受けることができます。試験は自宅で受けることができ、申込はインターネットから行うことができます。気軽に申し込んで受けることができる試験なのですが、テストで7割以上の評価を獲得することができなければ合格できませんので、事前にきちんと出題範囲を勉強することが重要です。

3位 美味安全野菜栽培士

ハッピーチャレンジゼミでは、美味安全野菜栽培士の資格が取得できる野菜づくり講座を開講しています。野菜づくり講座では、野菜の基本的なことや栽培方法、野菜をづくりの魅力を学ぶことが可能です。講座を受講し、出された課題をクリアすることができれば、美味安全野菜栽培士の資格を取得することができます。美味安全野菜栽培士では、有機栽培の始め方を学ぶことができますので、安心して口に入れることができる美味しい野菜を作ることができますので、家族の健康を守りたい方にオススメの資格です。美味安全野菜栽培士資格を取得することで、自信がつきますし、スキルアップになりますので取得して損をすることはありません。詳しい資料は無料で送付してくれますので、気になる方はハッピーチャレンジゼミのホームページへ問い合わせましょう。

まとめ

水耕栽培は、土を用いず植物を栽培する方法で、家庭菜園をする方に高い人気があります。土を触ることに慣れていなくて、野菜を育てることをあきらめている人であっても、水耕栽培であれば水と液体肥料しか触りませんので、土で手を汚すことがありません。そのため、ネイルをしている方でも安心して野菜作りを始めることができるでしょう。水耕栽培は様々な知識や技術が必要とされています。そのため、専門的な知識を持つ専門家が必要とされています。水耕栽培の資格を得ることができる団体はいくつかあります。どの団体に申し込むべきなのかを考え、自分が利用しやすいと感じた団体が発行している水耕栽培の資格を取得しましょう。視覚によっては講師活動ができるものもありますので、取得して好きな水耕栽培を仕事にすることが可能です。

関連記事

通信講座情報

cad

土木CADインストラクター認定試験の口コミ評判

CAD技術の重要性 近年オリンピックや観光客の急増を背景に建築業界の人材不足が叫ばれております。  更に国土強靭計画…

ページ上部へ戻る