洋食エキスパート口コミ評判

洋食

【洋食エキスパート】の資格は日本でもお馴染みの料理のジャンルである【洋食】の知識に関する資格です。洋食とは西洋料理全般を指す言葉ですが、日本には日本独自にアレンジされた和製洋食も多く、洋食エキスパートの資格内容にはそのような日本独自の洋食に関する造詣も求められる内容となっています。洋食エキスパートの資格は洋食の知識に関する資格で、料理技術が問われる内容というわけではありませんが、取得していれば実際に洋食を作る際に役立つ資格内容でもあります。

日本の食文化に溶け込んでいる洋食

オムライス、ナポリタン、ドリア、クリームシチュー、これらは全て日本で考案された洋食、つまり和製洋食です。クリームコロッケは【クロケット】という純粋なフランス料理ですが、いわゆるジャガイモのコロッケは和製洋食です。洋食とは広い意味で、西洋料理全般を指して使いますが、狭義では日本で発展した日本独自の西洋風料理を指す場合もあります。洋食は日本人にとって非常に馴染み深いものであり、日本人の食生活に溶け込んでいる感があります。1週間の食事で洋食を一度も食べない、というような人を探すのはかなり難しいでしょう。ちなみに一般社団法人の【日本洋食協会】によると、【日本の洋食】とは白米に合うように、日本独自に工夫された西洋料理、と定義されるそうです。

日本で洋食の歴史が本格的にスタートしたのは明治維新によって日本は西洋文化を大々的に取り入れるようになってからです。明治までの日本人の平均身長は男性でも160センチ程度でしたが、明治以降の洋食の普及で牛肉や豚肉を食べるようになり、現在の日本人男性の平均身長が170センチの体格になったというのが定説です。

洋食エキスパート資格の取得条件

洋食エキスパートの資格は【日本安全食料料理協会】が発行、運営している認定資格です。資格取得には同協会が実施する認定試験に合格することが条件となります。認定試験は2ヶ月おきの頻度で実施されています。申し込み方法はインターネットから受け付けています。日本安全食料料理協会の公式HP内に洋食エキスパートの専用ページがあり、そこに詳しい試験内容や試験日程が記載されており、申し込みフォームもあります。申し込み手続きを済ませると郵送で試験用紙が届きます。試験はその試験用紙を使った在宅受験する形になります。期限までに答案用紙を返送すれば試験は完了です。合否の通知は約1ヶ月後です。資格取得を目指す場合は日本安全食料料理協会のHPに詳細が記載されているのでチエックしてみましょう。

洋食エキスパート資格の口コミ評判

洋食エキスパートの資格は洋食に関する全般的な知識が身につく内容となっているため洋食が大好きという人や、料理が好きで、自身で洋食を作るための基礎的な知識を身につけたい、という人に最適な資格内容です。資格取得を目指す人タイプは大きく分けて2つのパターンに分かれます。一つ目のパターンは自身が料理をするのが好きで、趣味の延長として洋食の知識を身に付けたいという人、そして二つ目のパターンは飲食業界で仕事をしており、仕事に活かすためにスキルを掘り下げたい、という人です。洋食エキスパートの資格は実技試験がありませんが、調理する際の調理器具使い方なども資格内容に含まれるため、実際に洋食を作る際にも役立つ資格です。
洋食エキスパートはこちら
趣味の延長として資格取得した人の多くはその知識を活かして実際に自分で洋食を作るようになったという人が多く、洋食作りのための実用的な資格である、という肯定的な意見が多いようです。資格取得すれば洋食の基礎知識が身につくため、何度か洋食作りを実践することによって自身でもアレンジできるようになり、オリジナルの洋食、いわゆる洋風の創作料理も作ることが可能になります。実際に飲食関係の仕事を長年続けていた人で、独立開業する際に洋食エキスパートの資格取得を目指したという人もいます。飲食店経営をする際に必須となる資格は衛生関係の資格のみですが、料理技術や料理知識の資格はいくらあっても無駄にはなりません。

以上のことから、洋食エキスパートの資格は趣味の延長としても、仕事で活かしたいという場合でも、プロ、アマ問わず役立つ内容となっており、幅広い層に支持されている資格です。
洋食  洋食

関連記事

通信講座情報

通信教育通信講座

日本インストラクター技術協会の口コミ評判

日本インストラクター技術協会とは? スクールビジネスは近年活況で、昔からパソコンや英語などが有名でしたが、  最…

ページ上部へ戻る