漢方薬膳資格人気ランキング

漢方薬膳

漢方や薬膳と聞くと病気の治療や薬としてのイメージを抱く方もいいかもしれませんが、実は美容や健康維持など日常生活にも活用できることをご存じでしょうか?

薬膳や漢方に興味を持つ方が増えているのは、健康志向が高まる現代で、口から摂るものの重要性が再認識さているのでしょう。
今回は、主婦の方にもおすすめの漢方薬膳の資格人気ランキングをご紹介します。

就職活動にも有利とも言われている人気の資格を見ていきましょう。

【1位】薬膳調整師

薬膳調整師とは、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する民間資格です。

薬膳の基礎知識や漢方の観点から見た食材の効能の知識など一定以上のレベルにある方に与えられる資格です。

試験では、薬膳の基礎知識、食療と薬膳、五味・帰経、食養生、食材の性質、食材と効能といった基本的な薬膳に関する知識を理解しているか問われます。

この資格は飲食店や料理教室など、食に関する仕事をする方に人気になっています。薬膳の基礎知識が身に付くことから、家族の健康管理に気を遣う主婦の方にもおすすめの資格試験です。

受験資格:特になし

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

日本安全食料料理協会:
薬膳調整師

【2位】漢方コーディネーター

漢方コーディネーターは、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の民間資格。漢方や漢方薬に関する基礎知識、また漢方独自の診断や養生への理解が一定以上ある方に与えられる資格です。

この資格を取得することで、体質に合った漢方の組み合わせや、病気の予防・体質改善などをアドバイスできる漢方コーディネーターとして活躍の場が広がります。

天然の生薬の働きを理解することは、職業で役立つだけでなく、療養中の方、体質改善が必要な方にも非常に役に立ちそうですね。

受験資格:特になし

試験:年に6回

受験料:10.000円(消費税込み)

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

日本安全食料料理協会:漢方コーディネーターはこちら

【3位】薬膳マイスター

薬膳マイスターとは、一般社団法人 国際薬膳食育学会が主催する民間資格です。この資格が人気の理由は、「薬膳」を今までとは違う視点でから提案していること。美味しさと作りやすさをプラスした「日本型薬膳=和漢膳」を提案しています。

薬膳の知識を深めたい方、毎日の食事にも役立てたい方にピッタリな資格試験です。

受験資格:認定機関の通信講座において指定のカリキュラムを受講した者

費用:34.000円

標準学習期間:4カ月

合格基準:修了試験で70%以上の評価

一般社団法人 国際薬膳食育学会:

【4位】薬膳漢方マイスター

薬膳漢方マイスターは、中医学理論をもとに料理への活用、美容や健康への用い方、食生活での活用方法まで、幅広い知識を持った、薬膳のプロをめざす資格です。

一般社団法人日本能力教育促進協会(JAFA)主催の民間資格で、資格取得には協会指定の期間で指定の講座を受講する必要があります。

講座名:薬膳漢方マイスター資格取得講座

受験資格:認定機関の講座において指定の方法で受験を申し込んだ者

費用:36.000円(消費税込み)※認定証・検定費用込み

受験方法:WEB受験

一般社団法人日本能力教育促進協会:

【5位】薬膳アドバイザー

薬膳アドバイザーとは、薬膳知識の初級レベルを習得した方に与えられる資格です。薬膳の基礎知識を有する証明になるので、飲食店に働く方や経営者の方に人気の資格です。

資格取得には日本中医学食養学会主催の「薬膳初級講座」を受講するか、教育施設で指定のカリキュラムを履修する必要があります。資格試験はなく、教育施設等で発行された履修証明書に対して、本人の申請により認定証書が発行されます。

日本中医学食養学会:

【6位】薬膳コーディネーター

薬膳コーディネーターとは、本草薬膳学院認定の民間資格です。中医学や薬膳学を学べる人気の資格試験です。

資格取得には、協会指定の講座を受講する必要があります。

講座名:薬膳コーディネーター講座(ユーキャン)

費用:44.000円(消費税込み)

学習期間:4カ月

本草薬膳学院:
漢方・薬膳  漢方・薬膳

関連記事

通信講座情報

cafe

コーヒーソムリエ認定試験の口コミ評判

コーヒーの無い生活など考えられない 日本人の中にすっかり定着したコーヒーという飲み物。  古くは純喫茶ブームから始ま…

ページ上部へ戻る