焼酎セレクトアドバイザー口コミ評判

焼酎

【焼酎セレクトアドバイザー】の資格は焼酎を美味しく飲むための知識に関する認定資格です。焼酎セレクトアドバイザーの資格を取得すれば焼酎の種類や、それぞれの焼酎の美味しい飲み方、適切な水割りやソーダ割を作れるようになるため、お酒を飲むのが好きで、さらにその中でも焼酎が大好き、という人に最適な資格内容といえます。

焼酎の基本・甲類、乙類

現在、日本で普及している焼酎には【甲類】と【乙類】の二種類に分類されます。この分類は昭和28年に酒税法で制定された分類です。日本に古くから伝わる焼酎の製法で作れたのが乙類の焼酎に対し、甲類の焼酎は比較的近代に製法が確立されました。甲類は連続式蒸留機で作った焼酎で、アルコール度数は36度未満です。甲類は無力透明でクセのない味が特徴で、カクテルやお茶割りなどに向いています。それに対して乙類の焼酎は昔ながらの単式蒸留機で作った焼酎で、アルコール度数は45度未満です。

乙類の焼酎は原料の風味が香りとして残るため原料の特徴を活かした焼酎といえます。乙類の焼酎には麦焼酎、芋焼酎、蕎麦焼酎、黒糖焼酎、泡盛、などがあります。甲類と比べるとそれぞれに風味や味の特徴があるため、ロックやお湯割で飲むのが一般的です。このような乙類の焼酎は昔ながらの製法のため、【本格焼酎】と呼ばれる場合もあります。そして昨今は甲類と乙類の焼酎をブレンドした【混和焼酎】も存在します。風味豊かで良くも悪くも味を主張している乙類焼酎にクセのない甲類を混ぜることで両者の長所が相乗効果となり、程よい風味で飲みやすい焼酎になるとして、一部の焼酎好きの間でブームとなりつつある新しい焼酎の飲み方です。

以上のように焼酎を楽しむにはまず、甲類、乙類の特徴を理解することが第一歩です。

焼酎セレクトアドバイザー資格の取得条件

焼酎セレクトアドバイザーの資格は【日本インストラクター技術協会】は発行、運営している認定資格です。資格取得の条件は同協会が定期的に実施している焼酎セレクトアドバイザー認定試験に合格することです。受験料は10,000円になります。申し込みは日本インストラクター技術協会の公式HPから随時受け付けています。申し込み手続きを済ませると郵送で試験用紙が届きます。試験はその試験用紙を使って在宅受験する形になります。答案用紙を期限までに返送すれば試験は完了です。合否の通知は約1ヶ月後です。
焼酎セレクトアドバイザーはこちら
詳しい資格内容や試験の日程は日本インストラクター技術協会の公式HP内にある焼酎セレクトアドバイザー専用ページに記載されています。資格取得に興味がある場合はまず公式HPで情報をチェックしてみましょう。

焼酎セレクトアドバイザー資格の口コミ評判

焼酎セレクトアドバイザーの資格は焼酎がお酒の中でも好きで、家庭でも気軽に焼酎を美味しく飲みたい、と考える人に最適な資格内容となっています。実際に資格取得者は焼酎好きが高じて、自身の焼酎ライフをより豊かにするためにという資格取得の動機が多いようです。資格取得をすると、以前よりも焼酎の知識が深まり、同じ銘柄でもちょっとした工夫で格段に美味しく水割りなどを作ることができた、というような意見が多く、資格内容に満足しているという意見が多いようです。こういった肯定的な意見は口コミで広がりつつあり、現在は資格取得希望者が増え続けている状況です。

焼酎セレクトアドバイザーの資格は名前の通りで、焼酎の美味しい飲み方をレクチャーしたり、実際に作って提供したりということも可能になります。そのため居酒屋など、お酒を取り扱う仕事をしている人にとっては仕事に役立つ資格となります。特に個人で居酒屋を経営する人が仕事に役立てるために取得を目指す例が多くみられます。焼酎は一昔前まではどちらかというと男性が好む傾向がありました。しかし昨今、焼酎は肝臓に負担が少なく、血液をサラサラにする効果があるなど、健康作用が注目され、ブームとなっています。そのため現在は女性も焼酎を好んで飲む人が増えており、女性の資格取得希望者も増えています。

以上のように焼酎セレクトアドバイザーの資格は昨今の焼酎ブームも相まって、資格取得希望者が増えている人気の資格です。
焼酎  焼酎

関連記事

通信講座情報

盆栽

資格は自分の証明に「苔玉作りインストラクター」 口コミ評判

みなさんは苔玉(こけだま)を知っていますか? 苔玉は球状の和風インテリアで、球体の中は植物の根になっています。球体の表面の土の上に苔を…

ページ上部へ戻る